ソニア・ウェイワードの帰還
『ソニア・ウェイワードの帰還』マイケル・イネス(論創海外ミステリ)

海上で急死した妻、その死を隠し通そうとする夫。窮地に現れた女性は救いの女神か、それとも破滅の使者か……。軽妙洒脱な会話、ユーモラスな雰囲気、純文学の重厚さ。巨匠マイケル・イネスの持ち味が存分に発揮された未訳長編!(本書あらすじより)

今年『ある詩人への挽歌』で初イネスを体験し、やべぇこの作家はやべぇと感心したばかりですが、このタイミングで論創社からイネスが出ました。すわ、読むしかないのです。
……いや、この、なんだその、えーと。いや別につまらなくはないんだけど……みたいな気持ち。

突然死した作家の妻の死体を、なぜか処分してしまったペティケート大佐。せっかくなので自分の文才を試したいと、彼は妻の書きかけの小説に取り組み始めた。しかしながらそのせいで、とんでもない窮地に追い込まれることに……。

変則倒叙コメディというか。古き良きユーモア小説みたい。100年前くらいの(別に殺したわけではないので倒叙ではないんですが、まぁ死体を抱えるところから始まるという点ではそう)。

いやー分かるんですよ、イネスのやりたいことは。スノッブなダメ男が妻の死体を捨てたせいで迷走するうちに、問題を山ほど抱えてしまうというコメディに、作家という職業をネタにした遊びを入れてみたかったんだろうなと。「自信作を書いたつもりが、書けたものをあとで読み返してみたら超苦痛ではないか」とか主人公に言わせてみたかったんだろうなと。
序盤はかなり微妙だったんですが、終盤に入ってコメディのお約束のようなご都合主義的な展開が連続してかなり面白くなりました。妻の死体はもうない、けれども殺したと思われて逮捕されてはもっと困る、だからむりやり妻の不在をごまかさなければならない……というわけ。オフビートなまま、ひたすら主人公が自分の身を守るために奔走し、様々な手を打つも思いもよらない裏目に出続けるのです(良い意味でも悪い意味でも)。某国のせいであれやこれや、という部分はまさにコメディの醍醐味という感じ。

ただユーモア小説にありがちな軸のない感じや、端役のエピソードをちゃんと説明しないところなど、全体的にもやもやしたまま読み終わってしまったという印象は否めません。舞台っぽいというか、喜劇っぽいというか、要するに主人公のペティケート大佐さえ描き切れれば作者的には十分なんですよ。だからペティケート大佐まわりのあれこれを読者に見せるのが主眼なのでしょうが、いくらなんでも色々うっちゃったまま終わっているのでは……と思ってしまいます。
そのペティケート大佐も、そもそも最初から死体を捨てるという行動からしてちょっと理解しがたいのも事実。ご都合主義もいいのですが、発端がいきなり「????」となるのも困りものです。

なんだかまとまらない感想ですが、正直イネス中期の代表作がこれなのか……というがっかり感が強いです。おそらく初期作と比べれば読みやすいのではないかと思いますが、むしろ読みにくさの方を求めたくなります。

原 題:The New Sonia Wayward(1960)
書 名:ソニア・ウェイワードの帰還
著 者:マイケル・イネス Michael Innes
訳 者:福森典子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 189
出版年:2017.04.10 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1361-14023dc1