黒い天使
『黒い天使』コーネル・ウールリッチ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

夫はいつも彼女を「天使の顔」と呼んでいた。それが突然そう呼ばなくなった。ある日、彼女は夫の服がないことに気づく。夫は別の女のもとへ走ろうとしていた。裏切られた彼女は狂おしい思いを抱いて夫の愛人宅を訪ねる。しかし、愛人はすでに何者かに殺されており、夫に殺害容疑が! 無実を信じる彼女は、真犯人を捜して危険な探偵行に身を投じる……新訳で贈るサスペンスの第一人者の傑作。(本書あらすじより)

毎年1冊この時期にウールリッチ/アイリッシュを読みかれこれ6年目。今年のウールリッチも天才でした。
裏表の関係にある『黒衣の花嫁』や『喪服のランデヴー』と同様、強烈な意思を持った主人公が巡礼式に人を訪ねていく……という話です。いわゆる「短編が得意なウールリッチが得意とする短編をつなげた形の長編小説」なわけですね。
ただ形式的には同じなのですが、内容的には大きく異なります。これはいわゆる悪女ものや復讐譚の基本ラインからは大きく外れた、というかむしろ全く別物と言ってよい作品だからです。というのも主人公であるアルバータはひたすら夫の無実を証明しようと努力するただの善人なのです。

浮気した夫をそれでも愛し、彼に着せられた殺人の罪を晴らすべく、22歳で弱気な若妻アルバータは自らを鼓舞して犯人候補の人物と次々に会い、ニューヨークの裏社会に分け入っていくことなる……というストーリー。彼女は各章で犯人候補の男性と出会い、犯人かどうかを見極めるため彼らを罠にかけていきます。
それにしてもウールリッチはこのパターンの小説を思い付く天才だな……。一人称ってのが上手いんですよ。「踊り子探偵」もそうでしたが、ウールリッチは女性の一人称が抜群に上手いと思います。

で、確かにウールリッチはこのパターン、要するに短編をつないだような長編が得意な作家です。ただ、『黒い天使』ははっきりと長編であると言えると思うのです。
世間知らずで善意の塊でしかなかったアルバータが、男たちを訪ねていく上で、スラムにも行き、犯罪にも加担し、最終的にはファム・ファタルのような立ち回りもしてしまいます。「アルバータ」という“天使”の変化がこの上なくはっきりと現れており、それ故にラストが異色とも言うべき独特な仕上がりになっているのです。登場人物の順番を多少入れ替えても問題のなさそうな『黒衣の花嫁』などとは全然異なるわけですね。
そしてハッピーともバッドエンドとも言い難い、様々な感情が入り乱れるラスト。ウールリッチは終盤にどんでん返しを仕掛けるほど失敗するので、ラストに期待せず9割までを大いに楽しむのが吉というまことに全力では褒めにくい作家なわけですが(それがいいんだけど)、その中でこの『黒い天使』はめちゃくちゃレベルが高いと思います。短編つなぎ長編形式を見事に生かした結末と言えるのではないでしょうか。

個人的には強烈なサスペンス性と熱気を誇る『喪服のランデヴー』、ミステリ史上に燦然と輝く名ヒロインを生んだ『黒衣の花嫁』の方が上です。しかしながら『黒い天使』の唯一無二性はやはり高く評価するべきでしょう。この作品をベストに押す人も多いと聞きますが、よく分かります。ほんとにいいミステリを書くんですよこの作家は……。

原 題:The Black Angel(1943)
書 名:黒い天使
著 者:コーネル・ウールリッチ Cornell Woolrich
訳 者:黒原敏行
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 10-6
出版年:2005.02.28 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1359-41f5b7a8