暗い夜の記憶
『暗い夜の記憶』ロバート・バーナード(ミステリ・ボックス)

1941年、ロンドンからイーズドン駅に着いた学童疎開列車に、名簿に記載されていない男の子が混じっていた。サイモン・ソーンと名のった5歳ほどの少年は、里親となったカザリッジ夫妻に育てられるが、ロンドンの家がどこにあるかもわからず、自分自身が本当はだれなのかも思い出せなくなった。彼と過去をつなぐものは、たびたび見る悪夢だけだった――ころしちゃううよ! やめて!(本書あらすじより)

気付いたら感想書いていない本が10冊になっていたので、若干焦っています。最近週1ペースでしか更新してないからな……。
というわけで、ロバート・バーナードです。読むのは3冊目。ポケミスと光文社文庫が中心ですが、これはミステリ・ボックスなのです。それはともかく、これは良い作品だ……。
ノンシリーズを3冊読んで、ロバート・バーナードの作風がようやく掴めてきた気がします。市井の人々を登場人物に置き、本格ミステリ的な枠組みの中に人間関係を軸にした小説としての感動を落とし込む(あるいはその逆)のが抜群に上手い作家なのかなぁと。ですから基本的には、非常に地味で、ガチガチではないけど本格ミステリっぽさのある小説……という仕上がりになるのだと思います。

『暗い夜の記憶』は、サイモン・ソーンという少年が学童疎開で田舎町に着いたところからスタートします。サイモンは集団疎開でやってきたものの、出自が不明で、一切戸籍などの情報が分かりません。とはいえサイモンは心優しい里親のもとで成長し、やがて自らの親を探し求めるべくロンドンに舞い戻るのです。

この本、何がすごいって、どう見ても本格ミステリではないことなんですよ。身元不明の状態で疎開した主人公の出生探しという過程は、確かに調査は調査だし、母親と子供はどうなったのかという謎はありますが、母親が機転を利かせてどうにかやったんだろう、くらいの謎にしか見えないのです。
ところがもう伏線につぐ伏線が仕込まれていたことが終盤明らかになり(名前のくだりとか超丁寧すぎてやばい)、主人公の出自がこれ以上なく明解に明かされ、さらに小説全体を通じて描かれてきた右翼活動(ユダヤ人排斥・移民排斥運動など)とぴったりリンクします。なんだこの職人技は。引っかけ方といい、話のテーマといい、いやもう実にお見事という他ありません。

おそらくバーナードの文体ってあんまり読みやすくないのかなと思うのですが、今回はそこに浅羽莢子訳という破城槌がぶち込まれるボーナスポイント付き。これは素直におすすめです。『作家の妻の死』『雪どけの死体』もそれぞれクセがあって感想を一言で伝えにくいのですが、読んだ人とぜひ感想を共有したくなる何かがあるんですよね。

原 題:Out of the Blackout(1984)
書 名:暗い夜の記憶
著 者:ロバート・バーナード Robert Barnard
訳 者:浅羽莢子
出版社:社会思想社
     現代教養文庫 3023
出版年:1991.03.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1358-74e5d097