復讐の子
『復讐の子』パトリック・レドモンド(新潮文庫)

“私生児”と蔑まれながらも才能に恵まれ、美しい少年に成長したロニー。豊かな幼少期を過ごしたものの、母親の再婚とともに不穏な世界へと突き落とされたスーザン。多感な年頃に出会ったふたりは、待ちに待っていたかのように惹かれあう。だが、ロニーがスーザンに打ち明けた秘密は恐るべきものだった……。愛情を憎悪に変え、悲劇の連鎖を引き起こす戦慄の少年少女を冷徹に描く力作。(本書あらすじより)

パトリック・レドモンド。そう、あの大傑作『霊応ゲーム』の作者です。その作者によるもうひとつの邦訳作品が、この『復讐の子』なのです。これだけダサいタイトルであっても、傑作オブ傑作『霊応ゲーム』の作者であることを考えると、面白くないわけがないのです。期待せざるを得ないのです。

読みました。

くそーー! おもしれーなーーー!! パトリック・レドモンドめっちゃおもしれーなーーー!! なんで2作しか訳されていないのかなーーー!!! もっと読まれてほしいんだけどなーーーーーーーー!!!!
というわけで、今回もおすすめです。

あらすじは超普通。私生児であり、過酷な親戚のもとで少年時代を過ごした美しく賢いロニー。彼はやがて、表面的には優等生を演じつつ、影で自らと母親に害をなすものに対して容赦ない罰を与えるようになってしまいます。
これだけならどこかで見たことある話なのですが、作者が上手いのはこの先。ロニーの話と並行して、別の町に暮らす美少女スーザンの物語が描かれるのです。スーザンはこれまた複雑な過程に育ち、過酷な少女時代を過ごすはめになります。ひたすらエグいです。ロニーの比ではないどん底の生活なのです。
この2人が後半に出会い、ついに、物語は大きく動き出すのです。

『霊応ゲーム』ほどの衝撃やカタストロフィはありませんが、それでも非常に読ませる作品。少年少女のつらい幼年時代(ベタ)からの復讐(ベタ)というテンプレートで殴る面白さがたまりません。終盤に明かされる過去のインパクトも良いですね。670ページもあるのにとんでもなく読みやすいので、厚さが苦になりません。
心に闇を抱えた復讐の子、ロニー・サンシャインの狂気譚……というだけなら、ありきたりかなとは思うのです(それでも十分面白いと思うけど)。ところが同じく復讐の子であるスーザン・ラムジーの話も並行させているあたりが上手いんだなぁ。成長したふたりがついに出会い、大人たちへの反逆を企てるんですよ、めっちゃお話として強くないですか。
救いのあるラストが光りますが、これはスーザンの強さあってこそのものですね。

というわけで期待にたがわぬ面白さでした。レドモンド、あと3作未訳の作品があるようなのですが、頼むからどうにかして紹介されてくれませんか……。
というわけでまずは『霊応ゲーム』がもっと売れなければ困ります。とりあえず未読の人は『霊応ゲーム』を読むのです、話はそれからです。分厚いと思うかもしれないけど気にしてはいけません(めっちゃ読みやすいし)。寄宿舎BL興味ないとか言っていないで読むのです。登場人物も多いけど気にしてはいけません(どうせみんな死ぬ)。そしてハマった方は、『復讐の子』もぜひ。

原 題:Apple of My Eye(2003)
書 名:復讐の子
著 者:パトリック・レドモンド Patrick Redmond
訳 者:高山祥子
出版社:新潮社
     新潮文庫 レ-9-1
出版年:2005.03.01 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1355-6748faf1