寒い国から帰ってきたスパイ
『寒い国から帰ってきたスパイ』ジョン・ル・カレ(ハヤカワ文庫NV)

薄汚れた壁で東西に引き裂かれたベルリン。リーマスは再びこの街を訪れた。任務失敗のため英国諜報部を追われた彼は、東側に多額の報酬を保証され、情報提供を承諾したのだ。だがすべては東ドイツ諜報部副長官ムントの失脚を計する英国の策謀だった。執拗な尋問の中で、リーマスはムントを裏切者に仕立て上げていく。行手に潜む陥穽をその時は知るよしもなかった……。英米の最優秀ミステリ賞を独占したスパイ小説の金字塔(本書あらすじより)

ついに読みましたよ巨匠の名作を。スパイ小説と言えば『寒い国から帰ってきたスパイ』、スパイ小説作家といえばジョン・ル・カレなのです。読む前までてっきりジョージ・スマイリーが主役なのかと思っていたのに、いざ読んでみたら端役だったのでビックリでした。そもそも「寒い国」をソ連のことだと思っていたのに違ったし……。
久々にぐうの音も出ない傑作を読みました。いやーこれは確かにスパイ小説の金字塔でしょう。「スパイ小説」「エスピオナージュ」というジャンルそのものを変えた作品だったのではないでしょうか。トールサイズ370ページほどの中で東西冷戦がぎゅっと圧縮され、隙のないプロットに乗せて個人と国家を見事に対比した職人技が光る傑作。晴らしかったです。イアン・フレミングとは対極の観点から「スパイ」という職業をとことん描いた作品です。

ちょうど先月、007を読んだところだったじゃないですか。あちらが夢と冒険のスパイ小説だとすれば、こちらは現実と非情のスパイ小説。主人公であるアレック・リーマスは、ヒーローでも何でもない、ロンドンに、さらには冷戦という世界の構図そのものに翻弄されるだけの悲しき一スパイに過ぎないのです。
ある意味それだけの話を、延々と続く裏切ったスパイの尋問シーンだけで作るので、退屈になりそうなもんなのに全くそうならないのがすごいのです。策略が上手くいくかというギリギリの緊迫感と、その中で作者が仕掛けるどんでん返しがラストで炸裂し、さらに作品のテーマが一気に浮かび上がるというわけ。単にどんでん返しがあるだけではこうも名作として評価されることはなかったでしょう。「スパイ」という、国家に属する個人を描き切り、あのようなラストシーンに到達したからこそ、ここまで名作になったのです。うまい、うますぎる。

というわけで今更感のある感想ですが、やはり読めて良かったです。東西ミステリーベスト100から漏れたのが意外なんですよねー。1985年版は33位だったのに。

原 題:The Spy Who Came in from the Cold(1963)
書 名:寒い国から帰ってきたスパイ
著 者:ジョン・ル・カレ John le Carré
訳 者:宇野利泰
出版社:早川書房
     ハヤカワ文庫NV 174
出版年:1978.05.31 1刷
     2015.01.25 36刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1354-d339205f