誰もがポオを読んでいた
『誰もがポオを読んでいた』アメリア・レイノルズ・ロング(論創海外ミステリ)

E・A・ポオの作品に見立てた連続殺人事件。盗まれたポオの手稿と殺人事件の謎を追う究極のビブリオミステリ。多数のペンネームで活躍したアメリカンB級ミステリの女王アメリア・レイノルズ・ロングが遂に日本初紹介!(本書あらすじより)

仕事が休みの日に隙をぬってブログを更新しています。帰ったらすぐ寝てしまうのでなかなか書く時間が……読了本はたまっているんですけど。書きためておくか。

狙いすぎな邦題がアレですが(案の定現代とは全然違う)、どえらい訴求力があるので良いと思います。
さて、全く聞いたこともないアメリカB級作家だそうです。B級と言ってもヴァージル・マーカムとかハリー・スティーヴン・キーラーのような荒唐無稽なものではなく、どちらかというと読み捨て系ペーパーバック本格ミステリ。詳しくは解説参照ですが、意外としっかりとした本格ミステリの書き手だったようです。
で、読んでみたら、素人探偵っぽい大学院生の女の子(シリーズ探偵で、職業は推理作家らしい)が、検事局の既婚男性と一緒にわーきゃーしながら事件に取り組むライト・ミステリっぽい読み口の作品でした。総合的な出来はぶっちゃけ微妙ですが、色々わちゃわちゃしているのでそこそこ楽しめます。

ポオの直筆原稿をめぐって、ポオの研究家のゼミの中で殺人事件が続発します。しかも殺された状況はポオの作品の見立てとしか思えないものばかり。果たして犯人の目的は?

ポオ見立ても思ったよりガチで、気軽に見立てられつつ主人公の友人がバタバタと死んでいき、死体がゴロゴロと転がっていくのです(金田一少年かよ)。死に方も結構アレで、大学生たちが焼き討ちにテンションをあげていたら箱の中から生きた人間が、みたいな焼死シーンとかすごい金田一少年感があります。怖くない横溝正史(解説談)。
犯人があまりにバレバレ、トリックもまぁうん(あったか?)という感じで、本格ミステリ的にそれほどでもない感は否めませんが、分単位のアリバイチェックしたり見立て殺人があったりするポスト黄金時代の作品を久々に読めてそこそこ満足なのも確か。好きな人は好きだと思います。

たぶんもっと出来の良い作品が眠っていると思うので、ぜひ翻訳してくれないかなぁ。こういうB級作品って、むしろ最近じゃなかなか読めないですし。

原 題:Death Looks Down(1944)
書 名:誰もがポオを読んでいた
著 者:アメリア・レイノルズ・ロング Amelia Reynolds Long
訳 者:赤星美樹
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 186
出版年:2016.12.30 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1346-a284957a