モンキーズ・レインコート
『モンキーズ・レインコート ロスの探偵エルヴィス・コール』ロバート・クレイス(新潮文庫)

ネコと同居し、ヨガと中国拳法を操る、タフでクールなヴェトナム帰りの私立探偵エルヴィス・コールとマッチョな相棒ジョー・パイク。「軽い仕事」のはずだった失踪父子の捜索は映画界につきもののコカインがらみでシンジケートとの対決へ……スプリングスティーンのしゃがれ声が似合う冬のロサンジェルスを舞台に粋な探偵の生き様を描く、エルヴィス・コールシリーズ第1弾。(本書あらすじより)

お、俺はこういう私立探偵小説に、めっぽう弱いんだ……傑作ではないか……。
というわけで、ロバート・クレイスのエルヴィス・コールシリーズです。以前ノンシリーズの『容疑者』を読みましたが、今度5月だか6月だかにエルヴィス・コールシリーズと『容疑者』シリーズのクロスオーバー作品が訳されるとかで、急ぎデビュー作のハードボイルドを手に取ってみました。いやぁ、ネオ・ハードボイルドは最高だなぁ。

息子を連れ去った旦那探し、という事件が、途中からコカインをめぐるマフィア絡みの事件に、という話自体はそこまで奇をてらっていません。主人公エルヴィス・コールもよくある軽口系私立探偵のように見えます。ところがこれがなぜかめっちゃ面白いのです。というのも、これぞ娯楽小説!ってな感じの要素がふんだんにちりばめられているんです。

私立探偵が(警察が止める中)積極的に事件に介入していこうとする流れがきちんと描けているのがまず好感度高いです。警官と探偵のお互いをプロと認めあった関係も、都合良いなぁと思いつつも、この全体的に軽めな雰囲気の中では程よく感じられます(警察の上層部とはちょっともめているので調度良いのかも)。事件が次第にオオゴトになっていく中でも、主人公たちの行動が「息子を取り戻す」という当初の目的から外れていないのも良いですね。
そして息子を取り戻そうとする母親の教養小説としての側面がまた非常に上手いんです。もともとは気弱で、意志がはっきりせず、強引な女友達に引きずられがちだった彼女が、試練にさらされる中で行動的になっていく……というのは読者の予想するところなのですが、これがまた読ませるのです。その強引な友人を配して話にカツを入れているのが特に上手いですね。冒頭とラストの繋がりの見事さったらないです。

それでもって、終盤は完全なアクション小説になっちゃうってのがまた好き。もうひたすらガンアクション。主人公エルヴィス・コールも、マッチョな相棒(バトル担当)ジョー・パイクも、わりかし躊躇なくマフィアを殺しまくります。ここがくどくなく、かっこよく見せ場として作られているので、単純に読んでいて楽しいんですよ。

軽めだけど軽すぎず、独特なぬるさが漂ってはいてもシリアスなところはシリアスに決め、かつ重苦しくならない、実にちょうどよいエンタメでした。いやー面白かったなぁ。次はまたエルヴィス・コールものでもいいし、ジョー・パイクシリーズのアクション小説でもいいかも。
ところで自分の持っている1989年初版の『モンキーズ・レインコート』(1987)のカバーに、1992年に翻訳が出る『追いつめられた天使』(1989)が書かれているのは、予告なのか、それとも2作目の時にカバーを掛け替えたのか。後者なら重版しなかったということに……まぁ新潮文庫からは2作で止まっちゃいましたしねぇ。

原 題:The Monkey's Raincoat(1987)
書 名:モンキーズ・レインコート
著 者:ロバート・クレイス Robert Crais
訳 者:田村義進
出版社:新潮社
     新潮文庫 ク-11-1
出版年:1989.02.25 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1344-67cb3587