明日に賭ける
『明日に賭ける』ウイリアム・P・マッギヴァーン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

失業中のスレイターに、ある日仕事の口がかかった。暗黒街に名の売れた職業的プランメーカーのノヴァクから、銀行強盗の片棒をかつがないか、と誘われたのだ。一方黒人の賭博師イングラムも、たちの悪い借金の代りに銀行強盗の一味に引きずりこまれた。冬近い霧の立ちこめる朝、四人の男たちがペンシルバニアの小さな田舎町に侵入した。完璧な計画――少なくとも20万ドルが易々と手に入るはずだった……一人の慧眼な保安官さえいなかったら。田舎町の銀行襲撃を背景に、白人と黒人の憎悪と愛情、人間性の悲劇を描く感動作!(本書あらすじより)

初マッギヴァーン。HM文庫はウィリアムじゃなくてウイリアムなんですね。
マッギヴァーンといえば悪徳警官ものだとか、ノワールの文脈でも読めるだとか、個人的にはあまりそそられない評価のイメージしかなかったのですが、この『明日に賭ける』(かつては入手困難作だったらしい)は傑作らしい……という話を聞いたのがかれこれ4年以上前。で、ようやく数ヶ月前に入手して、いざ読んでみたら、本当に、こう、なんだ、良い作品すぎました。こんなん泣くに決まってんじゃんかよ……。

銀行強盗を目論む4人の男と、その失敗から始まる逃走劇、という設定だけ見るとめちゃくちゃありふれています。ただ、主人公アール・スレイターのキャラ設定が絶妙なんですよね。第二次世界大戦での活躍を引きずり、高飛車で、話も聞かず、働きもせず(ヒモ)、怒りっぽく、黒人を心から毛嫌いしている、そんなドイヒーな野郎なのです。強盗団の黒人にのっけから人種差別バリバリ発言を吹っ掛け、殴りかかるという、本当に1ミリも好感を持てないやつなのです。余計な行動を取って強盗失敗の原因を作るなど、とにかくイライラさせられるのです。
対して敵役、つまり主人公を追い詰めていく老保安官のかっこいいこと。娘との関係に悩みながらも、人知れず町を守っている超優良保安官です。ジム・トンプスンの登場人物に見習わせたい。
だから結構読んでいて不快感がつのるわ、強盗の甘さにイライラするわで、前半は、なんだこのクライム・ノベルぶっ飛ばすぞ、みたいな気持ちだったのですが……もうね、強盗とかどうでも良かったね。その後の逃亡劇が本当に素晴らしいのです。

このドイヒーな主人公が、案の定強盗失敗後、強盗団の黒人イングラムと共に逃走することになります。最初はいがみ合っていた二人も、潜伏の中でだんだんと打ち解け、主人公スレイターも良いやつに……
って話ならまだ分かります。ちょっと違うんですよ。スレイターがほぼラスト近くまで嫌な奴のままなんですよ。だからこそ、この作品は傑作なのです。

作者マッギヴァーンが、たぶん良い人が好きなんでしょうね。地元で慕われる優秀な保安官のもとに、銀行強盗の捜査でFBIがやってきたら、普通対立するじゃないですか。しないんですよこれが。お互いにプロで、かつ微妙に人間としては欠点を持つ、そんな追う側の二人の物語としてもラストは感慨深いものとなっています。
ラストの展開も必要十分に感傷的で、かつ必要以上に悲惨じゃないのが良いです。現代でここまで大人しいクライム・ノベルは書かれないと思いますが、ここで描かれる救いにはやはりグッと来ます。書かれてはいない後日譚(医者の話とか)に自然と想像が膨らんでしまうような、そんな生き生きとした人間臭い登場人物たちがお見事。

というわけで、久々に名作読んだなぁという気分。マッギヴァーンは読まず嫌いでしたが、思ったより好きな作風のようです。読んでいこう。

原 題:Odds Against Tomorrow(1957)
書 名:明日に賭ける
著 者:ウイリアム・P・マッギヴァーン William P. McGivern
訳 者:峯岸久
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 29-3
出版年:1977.09.30 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1340-35aeb565