盗まれた指
『盗まれた指』S・A・ステーマン(論創海外ミステリ)

トランブル城に住む伯父アンリ・ド・シャンクレイ、幼い頃に両親を亡くした娘クレール、美しい家政婦レイモン夫人、若い大男ジャン・アルマンタン。ベルギーの片田舎の古城で次々と起こる謎の死。フランス冒険小説大賞受賞作家によるゴシック・サスペンス恋愛ミステリ!!!(本書あらすじより)

平均月2冊のペースで刊行されている論創海外ミステリですが、11月末はなんと2冊ともフランス・ミステリだったのです。片やボアロー、片やステーマン(まぁステーマンはベルギーだけど)。よっしゃ来たぜと。ついに本格的にこっちにも手を出してくれたかと。シムノンとディドロで終わりじゃなかったんだなと。
とめっちゃ喜んどいてアレですが、『盗まれた指』は、び、微妙だわ……。トリックがどうとかフェアじゃないとかなら、まぁ先日読んだボアロー『震える石』も同じようなものなので構わないんですが、読んでいて単純に面白くないのがつらいです。

トランブル城である悲劇が発生(これはネタ的には面白いので一応伏せます)。伯父を訪ねて城を訪問していた娘クレールの運命と恋の行方はいかに。という本格ミステリ+ロマンス+サスペンス、みたいな内容です。

ステーマンは基本的にトリックメイカーなんですよね。詳しくは超気合いの入ったストラングル成田さんの解説を読んでいただければ良いのですが、要するにトリック一発ネタのクリスティー作品群にかなり近いのです(クリスティーは大ネタ一発トリックじゃない作品の方が多いですが)。過去読んだ『六死人』や『殺人者は21番地に住む』もそうでしたが、本作もまさにそのど真ん中。
問題は、その真相解明に至るまでが厳しいんですよ。大トリックを核として、あと読者の目をそらす要素を入れまくるというタイプのミステリって本来は好きなんですが、キャラクターの慌ただしい出入りやらやっすいロマンスやらとっちらかった捜査やらで全然頭に入ってきません。あんまり言いたくないけど訳もね……。探偵役であるマレイズ警部(ちなみに本書がシリーズ1作目にあたります)の活躍もイマイチだし、死体から指が切り落とされ持ち去られていた理由とか一切の期待を超えてこないし。ストラングル成田さんも若干褒め切れていないような……。メイントリック自体はそこまで悪くないんですが。

というわけで(単純に小説が上手くないんじゃね疑惑のある)ステーマンは大変です。一番有名な『六死人』も微妙なのですが、一方で『殺人者は21番地に住む』なんかはフランス・ミステリらしい傑作なので、振れ幅が大きいのかなぁ。読んでないけど『マネキン人形』も期待を上回らないと聞くし。『三人の中の一人』はかなり面白い怪作らしいけど、手に入りそうもないし。とりあえず手持ちのやつだけでも少しずつ読み進めようかな。

原 題:Le Doigt volé(1930)
書 名:盗まれた指
著 者:S・A・ステーマン S. A. Steeman
訳 者:鳥取絹子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 183
出版年:2016.11.30 初版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1336-54f349f3