震える石
『震える石』ピエール・ボアロー(論創海外ミステリ)

私立探偵アンドレ・ブリュネルと奸智に長けた犯人の火花散らす頭脳戦。勝利の女神はどちらに微笑むのか? 古めかしい城館“震える石”で続発する怪事件。(本書あらすじより)

初めて読むピエール・ボアローの単独作品です。ナルスジャックとコンビを組む前の作品ですね。何はともあれ、アレだね、これが面白いかどうかとかじゃなくて、ボアローはコンビを組んで良かったねほんと……普通だわ、実に普通だわ。
『震える石』を読んで気付くのが、これもうそのまんまガストン・ルルー『黄色い部屋の秘密』なんですよ。主人公の私立探偵アンドレ・ブリュネルはめっちゃジョゼフ・ルルタビーユなんですよ。雰囲気もトリックも何となく、大時代がかった“探偵小説”って感じ。

こんな話。やる気と活力満タンの探偵アンドレ・ブリュネルが偶然出くわした〈震える石〉館の事件。執拗に婚約中である若き娘の命を狙う謎の男、角部屋に追い詰められた犯人の消失事件。館の入口にある今にも落下しそうな〈震える石〉は、はたして読者の予想通りここぞというタイミングで落ちてくるのか?

ボアローはコンビを組む前はかなり本格志向が強かったということですが、なるほど確かに。同時代の英国ミステリ群と比べるとゴリゴリのトリックがあったりフェアだったりするわけではないですが、トリックといい、いかにもな真相といい、犯人の正体といい、ホームズやルルタビーユ的な古き良きミステリという感じで悪くはないです。次々と不可解な事件が続発し、次々と被害者が登場するので、とにかく飽きさせません。犯人の正体が明らかになる瞬間の驚きはなかなかのもの。

……とはいえ、ぶっちゃけピエール・ボアローのデビュー作を読めたって意義の方がでかいかなと思います。訳者解説がめちゃくちゃ力が入っていて勉強になるので、読んで損はありませんが、これといって期待を上回るような作品ではないよなぁ。っていうか、こんなの読むくらいなら普通にボアナル合作を少しでも読み進める方が大事だと思うんだ、うん。

原 題:La Pierre qui tremble(1934)
書 名:震える石
著 者:ピエール・ボアロー Pierre Boileau
訳 者:佐藤絵里
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 184
出版年:2016.11.30 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1335-8d70da0f