春を待つ谷間で
『春を待つ谷間で』S・J・ローザン(創元推理文庫)

ある晩冬の日。中年探偵ビル・スミスは、いつもは休暇を過ごすために訪れる州北部の郡を、初めて仕事で訪れる。イヴという女性の依頼は、家から盗まれた品物を探すこと。どうやら警察が疑っているのは、酒場の主人トニーの弟で、以前から目をかけていたジミーのようだった。調査を開始して間もなく、ビルは死体を見つけ、家出少女捜しを頼まれ、何者かに襲われる……。ビルとリディアがマンハッタンを離れて、事件と取り組むシリーズ第6弾。(本書あらすじより)

体調崩しマンで絶賛寝込みマンの吉井です。つらいっす。
さて、『新生の街』に続いてS・J・ローザン、今回はビル・スミス視点のシリーズ第6作です。ビルが毎年休暇に訪れている田舎町で、絵画盗難の仕事を引き受けます。さらに殺人、家出少女捜しなど、複数の事件が同時に発生。ビルが昔から面倒を見ている青年ジミーの関与が疑われる中、事件の全貌が徐々に明らかにされます。

いやー相変わらずうまいなぁ。ローザンらしい、繊細で、地味だけど人間らしい登場人物がぞろぞろ出てきて、みんなして犯人と目されるジミーを探しているだけ、って話なのに、これだけの物語を作れてしまうんだからすごいです。
事件の背後に見え隠れする、田舎町で影響を及ぼすアップルシーズという大会社が登場します。この会社関係の描写がやや駆け足だったことや、登場人物数を考えると、もっと長めに書いてもよかったかなという気もします。ちょっと終盤が急いでいるというか、強引に真相が判明するんですよね。まぁビルとリディアが岩陰に隠れてドンパチする西部劇みたいな展開を作者がとにかく書きたかったんだろうなぁという気もしますが。

ところでハードボイルド/私立探偵小説の真相って、大きく2種類あるのかなぁと最近思ってきました。一方は家族など私的・内輪で完結するもので、もう一方は大企業や社会そのものを相手にする作品です。そんなのハードボイルドに限らないだろうとも思いますが、ただ例えば本格ミステリって前者が圧倒的に多いわけじゃないですか。逆に冒険小説とかは後者が圧倒的に多いのかなと。両者共に扱えるのが、一個人でありながら探偵として大きなものにも挑めるハードボイルドならではの特徴ではないかと。
で、ぶっちゃけると、いまだに後者のパターンをどういうスタンスで読めばいいのかよく分からないんですよ。本格からミステリに入ってしまった自分みたいな人は、てってれー社会が悪いのだ!みたいに言われてしまうと、お、おぅ、みたいな。いやつまらないとかじゃないですよ。傑作いっぱいありますよ。あくまでこちらのスタンスの問題です。今後の課題にしましょう。

総じて非常に面白かったのですが、とはいえ先日読んだ『新生の街』の方が面白かったかなぁ。それに何といっても『冬そして夜』の方が圧倒的に面白かったというのもあるし。ビル・スミスはもっと良いのがあるはず。今度は『どこよりも冷たいところ』を読みたいです。

原 題:Stone Quarry(1999)
書 名:春を待つ谷間で
著 者:S・J・ローザン S. J. Rozan
訳 者:直良和美
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mロ-3-6
出版年:2005.08.31 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1334-1ef10689