アイガー・サンクション
『アイガー・サンクション』トレヴェニアン(河出文庫)

すぐれた登山家にして大学教授、美術鑑定家、ジョナサン・ヘムロックは、パートタイムの殺し屋でもある。CIIのサンクション(報復暗殺)要員として莫大な報酬を得ている――サンクションの舞台はアイガー北壁、チームを組んだ登山隊のメンバーのなかに、対決しなければならない未知の目標がいる……。ソフィスティケートされた異色のスパイ・スリラーとして絶賛を浴びた大ベストセラー。(本書あらすじより)

トレヴェニアンといえば一作ごとに大きく作風を変えることで有名ですが、そのデビュー作となったのがこちらの『アイガー・サンクション』です。あらすじを見た瞬間鼻血が出そうなほど要素テンコ盛りの主人公が活躍するスパイ・冒険小説。何しろジョナサン・ヘムロックは若き大学教授(美学)であり、世界的に名の知れた登山家であり、さらにアメリカ情報機関の殺し屋でもあるんですよ、そして荒れ果てた教会を改装して自宅にして、その地下に闇で買い集めた絵画を並べまくり、その資金を得るために人を殺すんですよ、そんな彼がかつて友人を裏切って殺した宿敵も相手にしつつ、登山隊のメンバーの中に潜む敵を探りながらアイガー北壁に挑戦するんですよ。あらすじどうなってんだ。
というわけなので、エンタメとしては文句なしの出来なのは確か。そりゃあ面白いに決まってます。正直あのド傑作『夢果つる街』を書いた人と同じだとはとうてい思えないんですけど……。

盛りだくさん過ぎる主人公のキャラ設定に加えて、盛りだくさんすぎる相棒やらライバルやらのキャラ設定、またかというくらい登場する美女とのセックスシーン、どことなく作り物めいた組織とスパイっぽいやり取り(「ドラゴン」と呼ばれる色素欠乏症で常に暗闇の中にいる人物がボスなんだぜ)。これってもしかして、スパイ小説のパロディなのか、とすら思います。なんかもう意図的にやりすぎというか。

とはいえ(ある意味)バカっぽい設定だけの話ではありません。アイガーに挑む登山隊の中から殺しのターゲットを探さなければならないというミッションはまさにフーダニットなのですが、正直かなり意表を突かれました。このキレキレっぷりは褒めまくらざるを得ません。
あらすじ上はメインっぽいアイガー登頂シーンは、実は50ページほどしかありません。そこまでは別のスパイを相手にしたり、セックスしたり、久々の登山に備え修行をしたり(現役の登山家を引退して結構経つので、過去二度失敗しているアイガーに立ち向かうには相当な修行が必要なのであります)、セックスしたりで、いや早く山登れよ、みたいなところはありますが、逆にそのせいで緊張感を保ったままラストになだれ込めるのでこれはこれであり。登るまでの350ページも話が盛り沢山なので全然飽きないですしね。とはいえちょっと登山シーンの内容はあっさり気味かなとは思うので、冒険小説っぽいものは期待しない方がいいでしょう。

総じて傑作!みたいな感じではありませんが、エンタメとして一級品であることは間違いないでしょう。あらすじにピンと来た人はぜひ。続編の『ルー・サンクション』もいずれ読みます。


ところで、作中でこういうシーンがありました。
画像アイガー・サンクション
これ、要するに二視点を分けて書いているんですよ。翻訳小説でこういうことをしているのは珍しいなぁと。
ちなみに昔の河出文庫なので20行です。字が小さい……。

原 題:The Eiger Sanction(1972)
書 名:アイガー・サンクション
著 者:トレヴェニアン Trevanian
訳 者:上田克之
出版社:河出書房新社
     河出文庫 951A
出版年:1985.07.04 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1332-58ba92e0