クリスマスの朝に
『クリスマスの朝に キャンピオン氏の事件簿Ⅲ』マージェリー・アリンガム(創元推理文庫)

小学校時代の同級生が病死したという死亡欄を見たわたし、アルバート・キャンピオン。卑劣ないじめっ子だった豚野郎(ピッグ)の葬儀に出席して半年後、事件の捜査に協力を求められたわたしは、警察署で見た死体に驚愕した! 本邦初訳の傑作に、十数年後の同じ地域が舞台の忘れがたい名作と、クリスティによる著者への心温まる追悼文を併録。英国ミステリの女王の力量を存分にご堪能あれ。(本書あらすじより)

キャンピオン氏の事件簿第3弾です。3作全て面白かったのですが、1よりも2が、2よりも3の方が好きで、どんどん良くなっている気がする。っていうか今回は断トツで素晴らしいですね……。クラシックファン必読です。

「今は亡き豚野郎の事件」The Case of the Late Pig(1937)
本書の大半を占める中編ですが、とにかく最高。”豚野郎”ことR・I・ピーターズ(R.I.P.)は二度死ぬ(全然安らかに眠ってない)という謎を核とした連続殺人事件です。
キャンピオンの一人称によるユーモア、ちょっとした恋愛と学生時代の人間関係がミソとなる見事なオチというオシャレさもいいのですが、一番気に入ったのが話の作り方。英国にて同シリーズで出版された『第三の銃弾』とも共通しているのですが、毎章の引きが抜群に上手いのです。事件の不可解さが増したり(死んだはずの人がまた死んだり、死体が消えたり)、誰かが何かをしでかしたり、新たな証拠が発見されたり、というところで章を変え、それを17章繰り返している感じ。とにかく飽きさせないし、読んでいて何より「うわーミステリ楽しい!」みたいな気持ち。
トリックは初歩的なものですが、事件のたびに舞い込む匿名の手紙や別の殺人などにより盛り立てられているので、非常に満足度が高いです。本ミス頑張ってくれ……(そして第4弾刊行をもたらしてくれ)。

「クリスマスの朝に」On Christmas Day in the Morning(1950)
英国ミステリ作家お得意のクリスマスミステリ。ひき逃げ事件を扱ってはいるけど日常の謎に近いかもしれません。ほとんどショートショートに近いのですが、これはこれでとても良い作品です(真相のぴりっとしたところなんか特に)。「豚野郎」で警察本部長サー・レオのキャラクターを掴めているだけに、より味わい深くなるのがポイント。

アガサ・クリスティ「マージェリー・アリンガムを偲んで」A Tribute by Agatha Christie(1966)
アリンガムが亡くなった年に書かれた、クリスティによるアリンガム追悼文です。
とりあえず『手をやく捜査網』を読みたいという気分にさせられ、川出正樹氏による解説でさらに『手をやく捜査網』を読みたくなったんですが、六興キャンドル・ミステリーだもんな……む、むり……。

原 題:On Christmas Day in the Morning and Other Writings(1937~1966)
書 名:クリスマスの朝に キャンピオン氏の事件簿Ⅲ
著 者:マージェリー・アリンガム Margery Allingham
訳 者:猪俣美江子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mア-12-4
出版年:2016.11.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1329-623c5a51