ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編
『ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編』レックス・スタウト(論創海外ミステリ)

アーチー・グッドウィンは陸軍情報部の少佐だった? あのネロ・ウルフがダイエットに挑戦? 戦時色濃厚な四つの難事件を収めた「ネロ・ウルフの事件簿」第3弾!特別付録「ウルフとアーチーの肖像」も収録。(本書あらすじより)

しばらく3月まで更新ペースがゆっくり目になると思いますが、ご了承ください。悲しいことにミステリ読んでる場合じゃない……。別に忙しいわけではないので、本の感想以外の記事でも書けたらいいなぁ。
さて、論創海外ミステリから出ていたネロ・ウルフ中編集も、第3弾でひとまず終了です。いやー今回も良かったなぁ。3つの中で一番楽しめたかも。
アーチー・グッドウィンが軍隊に所属し、愛国心あふれるネロ・ウルフが無償で軍に協力していた戦時中が舞台の4編(最後だけアーチーは軍をやめた後ですが)。中編集のコンセプトとしてはかなり面白いと思います。初っ端の「死にそこねた死体」がベストでしょう。
これで論創ネロ・ウルフはひとまず終了のようですが、今後も長編など出ますように。頼むぜ論創社様。

「死にそこねた死体」Not Quite Dead Enough(1942)
シリーズファン必読の作品です。本短編集でも断トツ。
軍隊に入ったアーチー。ドイツ兵殺すべしと突如運動に目覚めジョギングに励み頭脳を停止したネロ・ウルフ。探偵をやめてしまったネロ・ウルフに推理をさせるべく、アーチーはたまたま出くわした死体に自分の髪の毛やら指紋やらをベタベタ残し、わざと逮捕され、「ネロ・ウルフの助手 逮捕される!」という新聞の見出しを作らせます。
当然ウルフは激怒して拘置所に駆けつけ、「アーチー、お前の目論見は分かってるぞ」とブチ切れながらもついに探偵に戻り、一瞬で犯人を見つけつつ「くだらん。アーチー。いろいろ欠点はあっても、きみは人を絞め殺すような男でも、愚か者でもない」って言う話なんです。やばくない?
いや、ちゃんとミステリとしても面白いんです。事件の構図の見事さも素晴らしいんです。けど何よりこのアーチーとウルフの関係が最高で最高で。アーチーが入隊し不在の間ジョギングに励むウルフがアーチーのセーターを無断で借りたので、セーターはぐだんぐだんに伸び、久々に探偵に戻ったウルフがスーツを着ると痩せてしまったのでスーツがぶかぶかになってしまうとかさ。もうただのキャラ萌えです。アーチーはあれだけ女好きなのに決まった相手がいなくて文句を言いつつも結局ネロ・ウルフの助手をやっているあたり萌えざるを得ないぞ。

「ブービー・トラップ」Booby Trap(1944)
軍内部での不審死、および手榴弾による爆死事件を、ネロ・ウルフが調査します。
ウルフが軍に積極的に協力している様子も興味深いのですが、何よりウルフが時折見せる非情さが全面に出ているのが印象に残ります。謎解きは、まぁ罠をしかけて終わりなので今回は特になし。

「急募、身代わり」Help Wanted, Male(1945)
命を狙われていると訴える男がウルフのもとに現れ、すげなく断られた後に本当に殺されます。続いてウルフにも同じ脅迫状が……。
古典的なトリックなのに、ネロ・ウルフがそっくりのデブの身代わりを用意する展開が面白すぎて気付けないという、ユーモア・ミステリのお手本のような作品。伏線のさりげなさにも感心しました。
一番楽しいのは、ウルフが脅迫される中、アーチーが自分は海外に戦いに行きたいのでワシントンにいる中将と交渉しに行くと宣言し、それを聞いたウルフがめちゃくちゃ不機嫌になって意地悪をし、アーチーが出発を遅らせようか聞くとさっさと行けと怒り、結局アーチーはウルフが心配で戻ってくるところなんですけど、伝わるかこれ。

「この世を去る前に」Before I Die(1947)
闇市の王に娘絡みの事件を持ち込まれ、ウルフたちはギャングの抗争に巻き込まれてしまいます。
犯人はパターン的に分かりやすいので、それよりも抗争をウルフ(とびびるアーチー)がいかに抜け出すのか?というウルフの機転が見どころ。謎解き要素は少ないですが、ネロ・ウルフらしい作品です。

「ウルフとアーチーの肖像」(1949.09.15)
作者スタウトによる、ネロ・ウルフとアーチー・グッドウィンのキャラクター設定です。


原 題:Nero Wolfe Vintage Detective Stories : The Cases of Major Archie Goodwin(1942~1947)
書 名:ネロ・ウルフの事件簿 アーチー・グッドウィン少佐編
著 者:レックス・スタウト Rex Stout
訳 者:鬼頭玲子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 182
出版年:2016.10.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1326-4fb73119