小鼠 月世界を征服
『小鼠 月世界を征服』レナード・ウイバーリー(創元推理文庫)

北アルプス山中の小国グランド・フェンウィック大公国──この国の近代化を画す首相マウントジョーイ伯爵は、観光事業用の道路整備と城内の配管工事を施工するために、アメリカに援助借款を申し入れようともくろんだ。だが反対党の攻勢にあって思うようにいかない。そこで首相の考えついた口実は……またまた全世界を震撼させる、月世界有人飛行という大それた計画だった。折しも、コーキンツ博士は、大公国の誇る年代もののワインから強力な放射性元素を発見した! 米ソ両大国を向うにまわし、果たして大公国は月世界に一番乗りできるや否や?(本書あらすじより)

2016年最後に読んだ本です。ぱっと読み切れるものをと思って手に取りましたが……いやー、やっぱりこのシリーズ面白い! 荒唐無稽さという点で1作目の『ニューヨーク』に匹敵する(むしろ勝ってる)し、第3作の『ウォール街』よりこっちの方が好き。これはおすすめです。

ヨーロッパの超小国グランド・フェンウィック公国が、今度は宇宙開発に挑戦。再三にわたってロケットを飛ばすことを発表していたのに全く信用されないまま月日が経ち、ついにアメリカとソ連に先駆けてロケットを飛ばしてしまうのですが……。
全くもってむちゃくちゃですが、これがとにかく楽しいのです。グランド・フェンウィックの動向も面白いけど、それ以上にばたばたしているアメリカとソ連の描写についついニヤリとしてしまいます。ソ連なんてわざわざスパイを送り込んでくる始末。風刺・ユーモア小説として第1作以上に楽しい出来なんです。

終盤があっさりしているけど、それもそれでらしいし、何よりオチが最高に決まっているので文句なし。このシリーズは外れないねー。残る『小鼠 油田を掘りあてる』が楽しみです(絶対面白いでしょ)。


原 題:The Mouse on the Moon(1962)
書 名:小鼠 月世界を征服
著 者:レナード・ウイバーリー Leonard Wibberley
訳 者:清水政二
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Fウ-2-2
出版年:1977.05.13 初版
     1985.07.05 4版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1323-88d8da13