お楽しみの埋葬
『お楽しみの埋葬』エドマンド・クリスピン(ハヤカワ・ミステリ文庫)

大学教授の素人探偵ジャーヴァス・フェン教授は筆休めのため突如下院議員に立候補することを思いついた。選挙区の農村に戻り、さて選挙運動に取りかかったが、折りしも平和な村には殺人事件の騒動が持ち上がっていた。名士夫人が毒入り菓子で殺され、フェンの友人である担当警部も捜査が軌道に乗り出した矢先、奥深い森の小屋で無残な死体となって発見されたのだ。二つの事件はどこかで密接に……選挙戦も投げうって、謎の犯人に挑む素人探偵フェンの腕の冴え! 生きた風物描写と洒落たストーリー展開で描くクリスピン流本格推理の代表作。(本書あらすじより)

マケプレオーバー2000月間、5冊目はエドマンド・クリスピン『お楽しみの埋葬』だったのですが……なんだこの傑作は。
クリスピン、短編集は3年前に読みましたが、長編を読むのは『消えた玩具屋』以来6年半ぶり。そして『消えた玩具屋』は、まぁ面白いことは面白いけど、ドタバタ感がやや上滑りしている感があって(ここらへん、いま読んだら前よりは楽しめそう)そんなにだったのですが、いやー桁外れに面白いじゃないですか。見直しちゃったよ。

大学教授という職がいやになって、突如田舎の村から選挙に出馬することを決意したフェン教授。さっそく選挙運動を開始したところ、その村では精神病院から狂人が脱走し、毒入り菓子による殺人事件まで発生していた。果たして村の平和は取り戻されるのか、そして選挙の行方は?

なんと、フェン教授が選挙に出るのがミステリに1ミリも関係ありません。作者が、主人公を(事件の起きる)田舎に行かせたい&シリーズ主人公を選挙に出馬させたいというだけ。なんだクリスピン先生、あなたは天才か。
そしてこれが出オチではなくて、まー良く出来ているんですよ。本格ミステリとしての要素と、ユーモア小説としての要素のバランス、配合が絶妙すぎるのです。読んでいてむちゃくちゃ楽しいし、きちんとバラまかれた伏線がしっかりと機能していて完成度が非常に高くなっています。「いかにして犯人は○○の行動を把握できたのか」「なぜ犯人は○○の命を狙うのか」といった疑問がキレイに解き明かされるのです。さらにゴクツブシの豚とか牧師館とか、もろもろ関係ない要素をぶち込んで笑わせつつ、要所要所でそれらをストーリーと絡めてくるのが上手すぎます。

意外な犯人(これ気付く人は気付くらしいんだけど、全然分からなかった……ちょっと序盤読み違えていた気もする)、納得の真相、安定のドタバタ逃走劇を経て、物語は大団円を迎えるのですが、これがまた笑っちゃうような結末で。個人的には『ナイン・テイラーズ』や『火焔の鎖』や『シャム双生児の秘密』や『自宅にて急逝』や『薔薇の名前』や『「悶える者を救え」亭の復讐』や『死の相続』系列の新パターンを得られたということで、異様な満足度があります。こういうさ、ラストにドーンってなるミステリが、好きなんですよ(伝わらない)。

しかも訳が本当にお見事。訳者の深井淳さんというのは英文学者の小池銈氏のペンネームだそうで、ミステリの訳書はこれ含めて2冊しかないのですが(もう1冊がセイヤーズ『忙しい蜜月旅行』)、軽さと教養のバランスがぴったりな、名調子の名訳です。現在では使えない訳語があるのでそのままの復刊は難しいだろうけど、どうにか頑張ってくれないかな……「現在では一般的に使われない差別的な表記・表現含まれていますが」みたいなやつつけて何とか……。

というわけで、うーむ実に素晴らしかったです。クリスピンの長編、まだまだ未読が転がっているので、今後は積極的に読んでいきます。

原 題:Buried for Pleasure(1948)
書 名:お楽しみの埋葬
著 者:エドマンド・クリスピン Edmund Crispin
訳 者:深井淳
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 55-2
出版年:1979.04.30 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1315-e03b9dfc