名探偵ナポレオン
『名探偵ナポレオン』アーサー・アップフィールド(crime club)

都市部で続発する連続乳児誘拐事件。5件目にして、ついに母親が殺されてしまう。事件を助けるため呼ばれてきたのは、事件解決率100パーセントを誇るナポレオン・ボナパルト警部。保護地に住むアボリジニが事件に関わっているらしいと睨んだ警部は、アリス・マッゴル刑事と共に犯人を追うが……。(あらすじ作成)

マケプレオーバー2000月間、3冊目はヒラーマンからの流れでアーサー・アップフィールドです。アーサー・アップフィールドのナポレオン・ボナパルト警部シリーズといえば、白人とアボリジニの混血警部が、オーストラリアの広大な砂漠を舞台に、アボリジニ絡みの事件を解決する、みたいなのが黄金パターンというイメージが強くて、実際そうなんでしょうが、「そうでもないんだぞ?」というのがこの『名探偵ナポレオン』なのでした。ただ、うーんちょっとこれは厳しいぞ。
解説の植草甚一によれば、アップフィールドの第一系統の作品群がそのオーストラリア原野を背景に白人とアボリジニの人間関係に謎の解決を求めるもの、第二系統が都会を背景としたやや暗めな犯罪小説、そして第三系統がアボリジニの民間伝承を謎にしたもの、だそう。そしてこの『名探偵ナポレオン』は第三系統の作品になるのです。

舞台は都会の白人社会。連続赤ん坊誘拐事件が発生し、それを調べていくと、都会の上流階級の人々の企みに加えアボリジニの住む保護地が関係してくることが分かり……という話。書き方は全体として明るめ、ユーモアあり、という具合です。
ただこのアボリジニ要素がまームリヤリ絡めているので、全然意外でもなければ面白くもないのです。じゃあ白人社会の闇が上手く描けているかといえば、主人公たちがあちこちにワチャワチャ聞いて回るくせに最後が急ぎ過ぎなのでそうでもないし。だったら、例えば7年前に読んだ『ボニーと砂に消えた男』はかなり退屈でしたが個性的ではあったし、そういう第一系統の作品の方が読みたいのです。
ボニィことナポレオン・ボナパルト警部の傲慢さやユーモアもそれほどはまらないし、赤ん坊絡みの事件ということで駆り出された超有能なアリス・マッゴル刑事の活躍や描写も1950年代の限界って感じでややいらいらさせられます。アボリジニや女性に対する視点とか訳とかにも古さは否めないかなぁ。

こんなこと言うとあれですが、アーサー・アップフィールドはトニイ・ヒラーマンを知ってしまった我々にはもう限界なんじゃないかと。アップフィールドに影響されたヒラーマンが、完全に上位互換なのかなぁ。あと何作かアップフィールドを読んで、きちんと評価を考えたいですね。

原 題:Murder Must Wait(1953)
書 名:名探偵ナポレオン
著 者:アーサー・アップフィールド Arthur Upfield
訳 者:中川龍一
出版社:東京創元社
     crime club 9
出版年:1958.10.05 初版

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1313-2211ce33