祟り
『祟り』トニー・ヒラーマン(角川文庫)

リープホーン警部補は、メキシコ人を切って逃走したルイス・ホースマンの行方を追っていた。ようやく見つかったホースマンは死体となっており、しかも発見された場所は直前まで彼が逃げ込んでいたはずのところとは大きくずれていた。犯人は、ナバホ族の間で語り継がれる魔法使い、〈ナバホ狼〉なのか? リープホーンは友人であるナバホ族の研究者、バーゲン・マキー博士とともに真実を見つけようとするが……。(あらすじ作成)

マケプレオーバー2000月間、2冊目は角川文庫の最レア級作品といっても過言ではないヒラーマンの『祟り』です。ヒラーマンの作品は基本的にミステリアス・プレス文庫から1990年代以降に出たものがほとんどですが、唯一の超入手難がこのシリーズ第1作こちらになります。
やはりヒラーマンは面白い、最高だ……みたいな気持ちで最初からずっと読んでいたのですが、終盤はやや失速した感じがあるのがもったいないです。シリーズ1作目ということで作者が若干遠慮&一般受けを狙いすぎたのかなと思います。いやもうそんじょそこらのミステリの何倍も面白いんですけどね。

いつものように、ネイティブアメリカンであるナバホ族の間で起きた事件を、ナバホ族出身の警察官、リープホーン警部補が捜査する、というものです。魔法使いである〈ナバホ狼〉の伝説という先住民感ばりばりのシチュエーションと事件、なぜ死体はあえて長距離を運ばれてすぐ気付かれる場所に放置されていたのかという謎、と序盤はとにかく魅力的です。
リープホーン警部補とナバホ研究者バーゲン・マキーがインタビューや質問を重ねながら、ナバホの習慣、伝統、神話といったものを読者にじっくりと提示していく過程がとにかく楽しいんですよね。このシリーズはアメリカ先住民を題材にしてそのコミュニティの中での事件を扱っているとはいえ、それほどお堅くも(言い方は悪いけど)面倒でもないのが非常に好ましく感じられます。

残念なのが、あくまで真相はナバホ要素がそれほど関係しなかった点。捜査はナバホ軸だったのに、最後だけアメリカ読者向けっぽいのがもったいないのです。リープホーンもそんなに活躍しないし、真相もかなり単純。終盤には、教授とその友人の娘(ともに言うなれば外部者)が囚われの身になる展開だとかいらぬロマンスだとかがあり、何だか浮いてたなぁという感じ。エンタメエンタメしていて分かりやすいですけどね。
ヒラーマンの初期作品はアーサー・アップフィールドの影響を受けていたと作者が言っているそうですが、なるほど言われてみれば。ただ、もっとナバホ族ならではの行動規範とか動機に基づく事件と真相のようなものを、こちらとしてはぜひ読んでみたいなと思っちゃうわけです(そういう点ではエドガー賞を受賞した『死者の舞踏場』の方が謎も真相も魅力的)。

とはいえ、やっぱりこのシリーズ面白いぜ!というのは大いに再確認できました。来年はあらゆる識者が絶賛している『魔力』を絶対読みます。ヒラーマン攻略、ぜひやりたいなぁ。

原 題:The Blessing Way(1970)
書 名:祟り
著 者:トニー・ヒラーマン Tony Hillerman
訳 者:菊池光
出版社:角川書店
     角川文庫 赤271
出版年:1971.01.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1312-bb669eab