法の悲劇
『法の悲劇』シリル・ヘアー(ハヤカワ・ミステリ文庫)

10月は巡回裁判の月だった。高等法院判事ウィリアム・バーバーは裁判の開廷予定地へ赴き、晩餐会に出席した。そしてその後で大失態をしでかした。自ら運転する車で高名なピアニストを轢き、一生を台無しにしてしまったのだ。多額の賠償金が要求され、その頃から彼の元へ、不気味な脅迫状が頻々と舞い込むようにもなった。スキャンダルは巷間に伝わり、苦悩するバーバーは、ついに服毒自殺を図ったのだが……? イギリス風ユーモア、アイロニイをまじえながら一裁判官の見に起った悲劇を余すところなく描く、本格派の雄の大作。(本書あらすじより)

今月12月は「マケプレオーバー2000月間」と題しまして、「てめぇ買った/貰った(なお悪い)はいいけど積みっぱなしじゃねぇか! ばか!」 みたいなマケプレ2000円超え本をひたすら読んでいくという実に生産的な活動を行っています。もう12月も20日なので8冊目に突入しているんですが、ううう感想頑張って追いつきます。
というわけで出ました、ハヤカワ・ミステリ文庫の最レアクラス、シリル・ヘアー『法の悲劇』です。ヘアーは以前『風が吹く時』を読んで以来だから6年ぶり?
いや何というか、仕込みにとんでもなく手間暇かけた、料理の鉄人によるメインディッシュという感じですね。クリスティーの某作のホワットダニット感とホワイダニット感をマシマシにした的な。いやー面白かったです。

巡回裁判という、判事や弁護士、検事ら御一行様が地方を順番にまわりながら各地の裁判を行っていくという、実にイギリスらしい設定のもと事件が起きます。といっても出だしが非常にスロースタートで、終盤になるまで殺人事件も発生しません。
じゃあ退屈かと言うとそんなことはありません。自動車事故、脅迫の手紙、毒入りチョコレート、深夜の侵入者などなど、とにかく様々な不穏な出来事が各町で発生するのです。主人公である(と言ってよいでしょう)ウィリアム・バーバーが、だんだんとのっぴきならない状態になっていきます。

地味ですし、きちんと証拠立てるタイプのミステリではないし、ホワイが分かるかと言うと絶対そんなこともないし、400ページまで丁寧にゆっくりと物語が進むのでグイグイ系でもありません。が、ラスト50ページ、丹念に積み上げられた伏線が見事に回収されながら納得しかない真相が提示されるのです。震えます。このホワイダニットは、事前に情報が提示されていなくても感心してしまうな……。
(実は『風が吹く時』だけヘアーは読んでいたりとか、ちょっと読みながら作品リスト見たりとかで損しちゃったのですが、最終的にはそこまで問題でもありませんでした。でもヘアー未読者はあまり情報入れずに、発表順通りいきなり『法の悲劇』から読むのがベストだと思います。『自殺じゃない!』だけは事前に読んでも可かな、なぜとは言えませんが)

というわけで、やはりこれは一読の価値ありです。ポスト黄金時代の作品の中でも突出した出来ではないでしょうか。復刊しないかなぁ。

原 題:Tragedy at Law(1942)
書 名:法の悲劇
著 者:シリル・ヘアー Cyril Hare
訳 者:宇野利泰
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 60-1
出版年:1978.09.30 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1311-e03031a7