傷だらけのカミーユ
『傷だらけのカミーユ』ピエール・ルメートル(文春文庫)

カミーユ警部の恋人が強盗事件に巻き込まれ瀕死の重傷を。彼女を守るため警部は独断で犯人を追う。英国推理作家協会賞受賞作。(本書あらすじより)

今週、来週と地獄のように忙しいので、ブログ更新をあまり期待しないでください。せこいこと言うと、最近アクセス数が非常に良いし、何しろ今はランキング時期なのでがんがん感想あげていきたいんですけど。来週は鬼だぜぇ。

さて、年末ランキング関連の検索に媚びるかのごとく、『悲しみのイレーヌ』『その女アレックス』に続く、カミーユ・ヴェルーヴェン警部三部作の最終作『傷だらけのカミーユ』です。先に言っておきますが、このシリーズは基本的にシリーズ順で読むのがどう考えてもベストです。翻訳された順に『アレックス』→『イレーヌ』と読んだ人がいるかもしれないのは、まぁ仕方ないのです。が、一番よろしくないのは、大ヒットした『アレックス』を読んで、『イレーヌ』を読み逃したまま『カミーユ』が出ちゃって、じゃあとりあえず『カミーユ』読むかぁ、みたいになるパターンです。やめましょう。『イレーヌ』『『アレックス』両方を読んだ後に『カミーユ』だよ、約束だよ。

前置きが長くなりました。さていつもいつも女性を痛めつけることで定評のあるルメートルさん、今回の獲物はカミーユ警部の恋人であるアンヌさんです。強盗事件に巻き込まれた彼女は、何とか殺されずに済みましたが、なぜか必要に命を狙われ続けます。周囲にロクな説明もせず、連携もとらず、越権行為と違法行為に躊躇せず死に物狂いで強盗犯を追い、孤立していくカミーユ。果たして彼らの運命は……。

「『ほうれんそう』さえしっかりすれば窮地に陥らずに済む話」という、三部作の中では自分が一番苦手なタイプの作品です。ですが、個人的には本作が三部作の中でベスト。苦手な点が思ったより痛々しくクローズアップされなかったからというのもありますが、なにげに王道っぽいのと、でもちゃんと最後に全てをガラッと変えるどんでん返しがあるのと、どことなく古典的なクライムノベルっぽいところが良いのかなぁ。しっかり三部作としてまとめた作者の手腕を評価したいところ。

確かにどんでん返し度は、(今までよりは)大きくないかもしれません。ただそれは仕掛けがしょぼいからではなく、作者があまり隠していないからなんですよ。例えば視点人物をこのままにしたとしても、途中である名前さえ出さなければどんでん返しっぷりが倍増するはずなんです。ルメートルはそういうのはむしろ得意なはずですから、これはカミーユの内面に切り込むためにわざとやっているんじゃないかと。じわじわと追い詰められ、窮地に陥り、精神的に傷だらけになっていくカミーユの奮闘っぷりが印象的です。
そう、狙われる女という正統的な主題、ロマン・ノワールの主人公みたいなカミーユ警部、どんでん返し、という、非常にフランス・ミステリらしい作品なのです。『アレックス』と違い最初から最後まで一本筋に通しているのも良し。それに、ルメートルお得意の残虐描写、構図の反転を仕込んでいるので、面白いに決まっています。

というわけで、後期クイーン問題三部作ことヴェルーヴェン警部三部作を無事読み終えたわけですが、結果的には『カミーユ』>『イレーヌ』>『アレックス』かなー。好みはともかくルメートルが現フランスのトップミステリ作家であることは間違いないので、シリーズ外の作品も読んでみようか検討中です。

原 題:Sacrifices(2012)
書 名:傷だらけのカミーユ
著 者:ピエール・ルメートル Pierre Lemaitre
訳 者:橘明美
出版社:文藝春秋
     文春文庫 ル-6-4
出版年:2016.10.10 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1307-650da28c