ささやく真実
『ささやく真実』ヘレン・マクロイ(創元推理文庫)

悪趣味ないたずらで、周囲に騒動をもたらす美女クローディア。彼女は知人の研究室から盗みだした強力な自白剤を、自宅のパーティーで飲みものに混ぜてふるまい、宴を暴露大会に変えてしまう。その代償か、夜の終わりに彼女は何者かに殺害された……! 精神科医ウィリング博士が、意外な手がかりをもとに指摘する真犯人は? マクロイ屈指の謎解き純度を誇る、傑作本格ミステリ。(本書あらすじより)

世の中には合わない作家というのがいるもので、自分にとってヘレン・マクロイはその筆頭です。しかしかれこれ3年も遠ざかっていたので、このままだと読まず嫌いになりかねない、ということで意を決して手に取ってみました。
で、やっぱりこう、楽しめたかというと微妙なんですが、とりあえず無の気持ちで読み終わることは出来ました(どういうことだ)。既読マクロイの中では『家蝿とカナリア』が一番嫌いじゃないという人間なので、純本格寄りである同じ初期作品として自分の好みに近かったというのもありそうです。

パーティーの主催者クローディアのいたずらによって強力な自白剤がカクテルに混入され、大混乱に陥る……という冒頭は、愛憎乱れあう人間関係を書かせりゃ天下一品のマクロイにぴったりな設定です。暴露大会と化したパーティーの一番いいところで屋敷の様子を描くのをやめてしまい、あとはウィリング博士視点にする、という構成は、いったいパーティーはその後どうなったのかと読者に期待させるという意味では悪くないんですが、だったらもっと捜査でそこを焦点にすればいいのにと思わなくもありません(最強の自白剤というキレキレなアイテムの中途半端な用い方がちょっとダサい)。
いつも通り鼻持ちならないウィリング博士によって死んだクローディアの性格がほどほどに明らかにされた後、とある大きなミスディレクションをひっさげて真相解明となります。正直なところ、一番の決め手が綱渡りどころかバレバレ過ぎるという大きな問題点がありまして、問答無用で犯人がすぐ分かっちゃうんですよね……。
ミスディレクションとか、上げて下げるようなオチとかって、合うときは合うんですけど、合わないときは徹底的に「何だその肩透かしは」となっちゃうじゃないですか。どういうモチベーションでのぞめばいいのかしらん(『ささやく真実』については、ある点をかなり証拠立てて掘り下げていくのが、結構良いとは思います)。

というわけで、うん、また3年くらいしたらマクロイ読もうかな……。どうも今年のマクロイだと『二人のウィリング』の方が評価高めっぽいので、読むのを間違えたかなという気がしなくもありません。なんかやっぱりマクロイの語りって肌に合わないんだけど、なぜなんだろう……駒月さんの翻訳は、他作家だとすごい好きなんですけどね。

原 題:The Deadly Truth(1941)
書 名:ささやく真実
著 者:ヘレン・マクロイ Helen McCloy
訳 者:駒月雅子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mマ-12-9
出版年:2016.08.31 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1299-3d67e30d