オーディンの末裔
『オーディンの末裔』ハラルト・ギルバース(集英社文庫)

1945年、敗戦の色が濃くなるベルリン。ユダヤ人の元刑事オッペンハイマーは、アーリア人の妻と別居し、身分を偽って潜伏していた。そんな折、ナチ親衛隊の首なし死体が発見される。殺人容疑をかけられた友人ヒルデを救うため、オッペンハイマーは決死の行動に出るのだった。しかし、オッペンハイマーが追う手掛かりを、怪しげな秘密結社「オーディンの末裔」も狙っていた……。ドイツ・ミステリー界の至宝、渾身の作!(本書あらすじより)

び、びっみょぉ……。
ハラルト・ギルバースによる『ゲルマニア』に続く戦時下ベルリンを舞台にしたシリーズ第2作。てっきり3部作かと思っていましたが、ひとまずこれで終わるようです。
『ゲルマニア』は、ユダヤ人ということで警察をやめさせられた元敏腕刑事オッペンハイマーが、ナチスの将校と協力して捜査を行うという異色のバディ物でした。正直そこまで楽しめたわけではないですが、この大筋が魅力的ですし、そこそこ人気があったのはまぁ分かります。
で、『オーディンの末裔』では、オッペンハイマーが今度は身分を隠して、友人ヒルデにかけられた殺人容疑を晴らすべく奔走します。終戦間際、いよいよ警察機能どころか法機能すらマトモに機能していないナチスドイツの裁判にオッペンハイマーは立ち向かえるのか、ヒルデは助かるのか、そしてこの事件の影で暗躍している秘密組織「オーディンの末裔」とは何なのか?……っていう話なんですけど。

まーーーーーこれが面白くないんですよ。びっくり。
一番は、自分は1945年のドイツが舞台のミステリを読みたいんであって、1945年のドイツの人々の暮らしや戦況を読みたいわけじゃないということです。作者ギルバースさんは、確かに当時のベルリンの様子をそりゃあ克明に描いているんですよ、ですけど、だからってストーリーもやっぱりちゃんと面白くしてほしいわけです。
「オーディンの末裔」という秘密組織のイマイチ上手く使われなさ、どんでん返しのあまりのベタさ、前作とは異なり圧力がない中で比較的のびのびと捜査するオッペンハイマー元刑事の緊張感のなさ。しかも長い。っていうか解説で北上氏が、前作が傑作すぎたと断りをいれつつ前作を超えるものではないって言っちゃってるじゃん……『ゲルマニア』をそこまで大好きでもない俺はどうしろと……。
やっぱりギルバースさんがそんなに書きっぷりが上手くないんだと思います。キャラクターはとりあえず属性を与えられました、という感じなのは前作と変わらないし、主人公オッペンハイマーなんかもう何なのっていう(妻であるリザへの態度がどうしても取ってつけたようなものにしか見えないんですけど)。章の最初に時間軸を変に前後させるのも気になるし、小説として全体的に描写が薄いのも気になります。

というわけで、もし3作目が出たとしても、読むか迷うなぁ。1945年のドイツに興味がある人には、空襲の様子や当時の緊張感などが分かって楽しめるとは思いますが、正直それほどでも……という感じです。

原 題:Odins Söhne(2015)
書 名:オーディンの末裔
著 者:ハラルト・ギルバース Harald Gilbers
訳 者:酒寄進一
出版社:集英社
     集英社文庫 キ-15-2
出版年:2016.09.25 1刷

評価★★☆☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1294-deaef07e