ハイキャッスル屋敷の死
『ハイキャッスル屋敷の死』レオ・ブルース(扶桑社ミステリー)

キャロラス・ディーンはゴリンジャー校長から直々に事件捜査の依頼を受ける。校長の友人である貴族のロード・ペンジが謎の脅迫者に命を狙われているというのだ。さ らに数日後の夜、ロード・ペンジの住むハイキャッスル屋敷で、主人のオーバーを着て森を歩いていた秘書が射殺される事件が発生。不承不承、現地に赴くキャロラスだ ったが……捜査の進捗につれて次第に懊悩 を深める探偵がやがて指摘する事件の驚く べき真相とは? 英国本格の巨匠による円熟期の傑作ここに登場!(本書あらすじより)

最近クラシック・ミステリの感想が少ないなぁとご不満だった方、お待たせいたしました。レオ・ブルースの登場です。
そして、いやー面白かったですね。なぜか分からないけど読んでいてめっちゃ面白かったです(3時間ガストに引きこもって読んでいました)。最近本格ミステリらしい本格ミステリを読んでいなかったからかな。

ゴリンジャー校長の友人、ロード・ペンジのもとに次々と脅迫状が送られ、ついにペンジの秘書が射殺されます。ペンジの身を守るため、乗り気ではないものの渋々と屋敷に乗り込んだディーンは犯人探しを始めるのですが……。

いつものキャロラス・ディーンシリーズと違って、ユーモアが(比較的)少なめなのが大きな特徴です。というのも、ディーンの漫才仲間であるレギュラーキャラクターが今作ではほとんど登場しないのです。さらにディーンが殺人事件を解決するため屋敷に泊まり込むということもあり、動きも少なめです。とはいっても、空気感とかキャラクターとか会話とか、いつものレオ・ブルースなんですけどね。屋敷の中に不快な人間がほとんどいないというのが、英国ミステリとしては珍しいです。

『死の扉』と同様に構図が見えてしまうと真相バレバレという、いつもの弱点はあります。ただ、屋敷内でディーンが色々がんばるというか暗躍するというシチュエーションが純粋に楽しいし、展開こそ平坦でもキャラクターでむりやり読ませるあたり、いけー英国本格ぅぅぅー、な感じで大変良いのです。解決が近付くにつれ、屋敷内の雰囲気が穏やかじゃなくなってくあたりの描写も上手いですね。
実を言うと、『死の扉』とか『ハイキャッスル屋敷の死』の真相パターン(全然違いますよ、もちろん)って、別の作品で知ってしまうと二度目は楽しめないということもあってあんまり好きじゃないんですよ(自分は黄金時代の某作と某作で最初にこの真相を読んで、それはもうぶったまげました)。ただ、『ハイキャッスル』は比較的頑張っているというか、むしろこの手の趣向としては行き着くところまで行き着いちゃった感じがあるので好意的になれます。これはいわゆる「名探偵」ミステリの一種としても位置付けられるんだろうなぁ。

というわけでかなり満足ですが、やっぱりキャロラス・ディーンシリーズって『骨と髪』が一番面白かった気がします。それよりビーフ巡査部長シリーズにそろそろ手を付けなきゃいけないと……単行本なんだよな……。

原 題:A Louse for the Hangman(1958)
書 名:ハイキャッスル屋敷の死
著 者:レオ・ブルース Leo Bruce
訳 者:小林晋
出版社:扶桑社
     扶桑社ミステリー フ-42-2
出版年:2016.09.10 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1290-708c9eb3