黄昏の彼女たち 上 黄昏の彼女たち 下
『黄昏の彼女たち』サラ・ウォーターズ(創元推理文庫)

1922年、ロンドン近郊。戦争とその後の混乱で兄弟と父を喪い、広い屋敷に母とふたりで暮らすフランシスは生計のため下宿人を置くことにする。募集に応じたのはレナードとリリアンのバーバー夫妻だった。ふとしたきっかけから、フランシスは自分よりも年下のリリアンとの交流を深めていくのだが……。心理の綾を丹念に描いて読む者を陶酔させる、ウォーターズの最新傑作ミステリ。(本書あらすじより)

サラ・ウォーターズを読むのは『夜愁』に続いて二度目。ミステリ界隈で最も評判の良い『半身』も『荊の城』も読んでいないんですが、なんかこう、全然読んでいないのに読む前から面白いことが分かっている作家っているじゃないですか、自分の中ではそういう位置づけです(意味不明)。
戦間期イギリスが舞台の、あらすじによれば「傑作ミステリ」なのですが、上巻読了時点でミステリの欠片もありません。っていうかほぼ官能小説なのではというくらい、恋に落ちた女性と女性がもろもろの周囲の状況を無視していちゃついているばかり。とはいえ、文章がめちゃくちゃ良い上に指数関数的に話が盛り上がっていくので、とりあえずガンガン読めます。

と思いきや、下巻冒頭50ページで急展開が発生して、一気に話は別物に。数人しかいない登場人物まで雰囲気が別人に変わります。最初からカタストロフィの予感しかないのですが、とにかくどん詰まりと不幸にむけてまっしぐら。下巻の内容言うとネタバレになっちゃうので何にも言えないんですけど、ギリギリのところを言うと、新手の法廷ミステリになります。つまり事件が起きちゃうわけですね。

確かに展開は一見何一つ予想を裏切らないものなんですが、ただただ泥沼化していくサスペンス的な心理描写がひりつくほどえげつないのです。こんな何も起きない(そんなことはない)話なのにめっちゃ読ませるし面白いし、サラ・ウォーターズすごい(あと訳者の中村有希さんもすごい)。
例えば、登場人物ひとつ取ってもそう。物語は常に主人公フランシスの目線で語られているのですが、フランシスといい関係になってしまうリリアンが途中からどうしても嫌な女に見えます。ところが終盤になると結局勇気のないフランシスよりリリアンの方が行動しているように見えるから不思議。文章という文章を駆使して、作者が読者を見事に手玉に取っているんです。
とはいえ、リリアンのセリフ「わたしのしたことで、あなたがわたしを憎んでるのは知ってる。わたしが弱いと思ってるのも知ってる。もう弱くならないように、わたしだってがんばってるの。それでも、いまだけは弱いわたしでいさせて。何も変わらないって、わたしはすべてを壊してしまったわけじゃないって言って。」の破壊力やばくないですか。なにこれもうこわい。

そして、ラスト。正直なところ、自分には超衝撃的でした。「あぁぁぁぁぁぁぁっ!こんなのありかよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」みたいな気分です。マジかよと、サスペンスフルすぎるだろと。いやどんでん返しも何にもないんだけど、しかしこれは……。

というわけでフワッフワな感想ですが、お察しの通り終始楽しく読み終えることが出来ました。上下巻で、文章が濃いこともあり手こずるかもしれませんが、連続殺人鬼や逃亡犯が出てくるのとは違った、ヘビーな読書体験をしたいミステリ好きにはぜひぜひオススメです。

原 題:The Paying Guests(2014)
書 名:黄昏の彼女たち
著 者:サラ・ウォーターズ Sarah Waters
訳 者:中村有希
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mウ-14-8,9
出版年:2016.01.29 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1289-c9661a62