過ぎ去りし世界
『過ぎ去りし世界』デニス・ルヘイン(ハヤカワ・ミステリ)

第二次世界大戦下のフロリダ州タンパ。抗争のさなかで愛する妻を失って以来、元ボスのジョー・コグリンは、ギャング稼業から表向きは足を洗い、一人息子を育ててきた。だが、そんな彼を狙う暗殺計画の情報がもたらされる。いったい誰が、何の目的で? 組織を託した旧友のディオンや、子飼いのリコらが探っても、その真偽すらつかめない。時を同じくして新たな抗争が勃発し、かろうじて平和を保っていたタンパの裏社会は大きく揺れ動く……変わりゆく社会の裏で必死に生き残ろうと足掻く男たちの熾烈な攻防を力強く描く。『運命の日』『夜に生きる』に続く三部作完結篇!(本書あらすじより)

『運命の日』を読まないままこれを読んでしまいましたが、何の問題もありません。本書は『夜に生きる』の続編にあたります(なお『夜に生きる』の内容もほぼ忘れていたけど何とかなった)。
何度も言っていますが、どうしても自分は禁酒法時代のギャング物というのが好きになれないのです。『夜に生きる』は、主人公であるチンピラ、若きジョー・コグリンが、成長しのし上がっていく過程を描いた作品でしたが、そもそもそういう話が好きじゃないということもあり、世評ほど楽しめなかったというのが正直なところです(だって、のし上がっていく過程ってさ、絶対つらいことあるじゃん……)。
一方今回の『過ぎ去りし世界』ですが、自分でもびっくりするくらい最初から最後まで大いに楽しんで読みました。前作より圧倒的に好きです(禁酒法時代じゃなくて第二次世界大戦中だからというのもある)。ラストとかめちゃくちゃつっらいんですけど、でも好きです。傑作でしょう。

既にギャングの大ボス格(表向きは引退して相談役的ポジション)であるジョー・コグリンは、自らの暗殺計画の噂を耳にします。誰にとっても利益を生み出す存在であり、殺される理由など思いもつかないジョーですが、自分の息子が一人残される不安を思うと噂を冗談と切って捨てることもできません。さらにジョーの一味と他の一味の間で抗争が勃発し、彼は否応もなくそれに巻き込まれていきます。

本書を貫くテーマは「親子」なのですが、とにかくこのモチーフの使い方がキレッキレ。殺し殺されたり、裏切ったりする中でも、ギャングには相手の家族を巻き込まないという鉄則があります。彼らは自分の家庭を、家族を、特に子供を守るため命がけで戦うし、また相手に子供がいることを理解していても必要であれば殺さなければならないのです。
そういった親子が、何組も何組も登場するのです。情はあるけど無情な「親子」の行く末がどんどこ描かれ、ルヘインによる完璧な構図を、読者はなすすべもなく「あぁぁぁぁルヘインそっちいかないでぇぇぇぇぇぇぇ」みたいな気持ちで眺める本なのです。つらい。黒人を束ねるボスであるモントゥース・ディックスがかっこよすぎる……。

また今作は、主人公のギャングとしての在り方が試される話でもあります。ジョーの掲げる「自分は悪い人ではない」という考えが、次第に独善的なものとして揺さぶられ、それでも息子のためにあろうとする生き様がすさまじいのです。自分の犯す殺人は意味があるもので、自分は悪いギャングではないと自らに言い聞かせながらも、親友であるディオンのやり方に疑問を感じてしまうジョー。つらい……。

以上のようなギャング小説としてずば抜けた構成に加え、誰が、なぜ、ジョーを暗殺するのか?という謎が核となっています。そのためか、ギャング小説としては地味なのに非常に読みやすく、謎を軸にした意外な展開で最後までとにかく読ませる作品になっています。300ページという長さもぴったり。やっぱりデニス・ルヘインの筆力と構成力にはずば抜けたものがあります。これはもう褒めるしかないんだぜ。
ちなみに今のところ長編3冊、短編集1冊を読んでおり、『ザ・ドロップ』が一番好きなんですが、なんとまだデニス・“レ”ヘインを読んでいないんですよ。とりあえずシリーズは手を付けないと……。

原 題:World Gone By(2015)
書 名:過ぎ去りし世界
著 者:デニス・ルヘイン Dennis Lehane
訳 者:加賀山卓朗
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1906
出版年:2016.04.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1282-32c94340