テロ
『テロ』フェルディナント・フォン・シーラッハ(東京創元社)

2013年7月26日、ドイツ上空で旅客機がハイジャックされた。テロリストがサッカースタジアムに旅客機を墜落させ、7万人の観客を殺害しようと目論んだのだ。しかし緊急発進した空軍少佐が独断で旅客機を撃墜する。乗客164人を殺して7万人を救った彼は英雄か? 犯罪者か? 結論は一般人が審議に参加する参審裁判所に委ねられた。検察官の論告、弁護人の最終弁論ののちに、有罪と無罪、ふたとおりの判決が用意された衝撃の法廷劇。どちらの判決を下すかは、読んだあなたの決断次第。本屋大賞「翻訳小説部門」第1位『犯罪』のシーラッハが放つ最新作! 原書より、テロリストの襲撃を受け12人の犠牲者をだした「シャルリー・エブド」誌がMサンスーシ・メディア賞を授与された際の著者による記念スピーチ、「是非ともつづけよう」を併録。(本書あらすじより)

試みは上手いんだろうけど、良くも悪くもあらすじ以上のものではなかったな、という感じです。どうもシーラッハの長編とは合わないんだよなぁ……。

ハイジャックされた旅客機を撃墜し、164人の乗客を殺すかわりにサッカースタジアムの7万人の観客を救った空軍少佐は英雄か?の2択を読者に迫り、有罪と無罪2つの結末が用意されている。以上。みたいな話です。議事録調で語られます。読む前に、自分が選ぶならこっちかなぁ、とは思っていたのですが、読んでみたら案外その考えがぐらつきました。読者に正義とは何かを投げかけるシチュエーションとしては素晴らしいものでしょう。
作者の主張は付記(シーラッハの講演原稿)で明らかなので、読者に選ばせているようである意味作者の主張を通そうとしているのは別に構わないかなとは思います。小説ですしね。

ただ、やはり小説としては不十分。飛行機を撃墜した空軍少佐の判断以外の要素(例えばサッカースタジアムの避難の話とか)を交えつつも、最終的にそれをきちんと追及しないのは、あくまで空軍少佐の罪のみを客観的に判断するよう読者に問うているかららです。でも、それはそれで小説としては成立していないという気もするのです。これがリアルな裁判だと言われれば、まぁそうなんだろうけど……。
作者が本当に全面的に読者に疑問を投げかけるための作品であれば、判決は2つとも書かなくていいわけで(少なくともこう書かなくていいわけで)、だからやっぱりある程度は作者の主張を示すための小説なのでしょう。あとは講演を読めと。このアンバランスさに最後までなじめませんでした。

というわけで、試みとして、また投げかける疑問として一読の価値はあるんですが、俺の好きだった『犯罪』のシーラッハはずいぶんと遠くなってしまったなぁ。

原 書:Terror(2015)
書 名:テロ
著 者:フェルディナント・フォン・シーラッハ Ferdinand von Schirach
訳 者:酒寄進一
出版社:東京創元社
出版年:2016.07.15 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1278-da58a821