赤毛のレドメイン家
『赤毛のレドメイン家』イーデン・フィルポッツ(創元推理文庫)

1年以上の月日を費やしてイタリアのコモ湖畔に起こる三重四重の奇怪な殺人事件は、犯人の脳髄に描かれた精密なる「犯罪設計図」に基づいて、1分1厘の狂いもなく着実冷静に執行されていく。三段構えの逆転と、息もつかせぬ文章の味は、万華鏡の如く絢爛として緻密であり、サスペンスに富み、重厚無類のこくがある傑作中の傑作。(本書あらすじより)

だいたいの古典本格は読んでいる自信があるんですが、なぜか超有名どころなのに読み残していた作品をついに片付けました。乱歩が絶賛したことで有名な『赤毛のレドメイン家』です。
やっぱり黄金時代の古典中の古典らしい読み心地なのですが(あっという間に月日が流れたりね)、こんな100年近くも前の本格ミステリなんかに騙されてしまったので、黄金時代は罪深いのです。この登場人物の人数で、犯人当てと意外な真相とサスペンスと恋愛をきっちり盛り込んでくるのはさすが。絶賛もなるほどの作品です。

まず探偵役なのですが、とりあえず最初はマーク・ブレンドンなるスコットランドヤードで一番切れ者らしい刑事が登場し、彼が中心となって事件は最後まで展開します。それはそうなんですが、ブレンドンがなんか、キャラ設定としては破格なのがすごい。
物語がどう始まるかと言うとですね、この順調な出世コースを歩む中年に差し掛かった名刑事が結婚してぇなぁと言いながら田舎でマス釣りしていたら、びっくりするほど目の大きな美人(推定年齢18)に出会ってメロメロになる、とかいう導入です。どこのトレントだ。
そして殺人が起こり、現場で彼女に再会した彼はこういうことを考えるのです。「うわっこの間会ったあの美人、被害者の奥さんだった。しかも25だった。そして事件の犯人はモロバレですぐ解決しそうだ。でも事件が長引いて俺の超絶推理を見せつければ結婚できそうだし、もっと複雑な事件になればいいのに」
さらにマーク・ブレンドン、すいかけの葉巻と茶色の靴ひもの切れ端を事件現場で見つけるも、どちらも重要視する気が起きずスルー。従来からの捜査方法に、より近代的な演繹法をあわせ用いて、幾多の成功をもたらしてきたマーク・ブレンドン曰く、「犯人には殺人狂的傾向があった」。

ということで初っ端から犯人を決めつけ捜査に乗り出すわけですなんだこれ。実は被害者の死体すら発見されていないという超いろいろ怪しい状況なわけですが、とりあえず美人ゲットだぜ!を目指すマーク・ブレンドンは全部無視。被害者の奥さんが深く旦那を愛していたということを聞いて一気にやる気をなくし、彼女と交わす会話と言えば、
ブレンドン「死体は見つかっていませんが多分海の底です」
被害者の妻「そうですか」
ブレンドン「僕に何か出来ることがあれば……」
妻「大丈夫です」
ブレンドン「本当に?」
妻「私は夫を亡くした悲しみでいっぱいなのです」
ブレンドン「そんなこと言わないで」
妻「あなたはいい人ですね」
みたいな感じで、てめぇこの野郎ちゃんと捜査しやがれ。

そうこうしている間に第二の殺人も発生、何も出来ないブレンドンがオタオタしていると、物語の後半になってようやく新たな探偵役が登場します。アメリカからやってきた、初老のピーター・ガンズ。この男が切れ者中の切れ者で、ブレンドンを導きつつ、最終的にすべての真相を見抜き、物語はクライマックスに突入するのです。

探偵役が恋に溺れるせいでまるっきし事件を冷静に見られなくなってしまうというのは、もちろん偉大なる『トレント最後の事件』(1913)の変奏曲でしょう。ただの変形パターンではなく、フィルポッツオリジナルのアイデアで事件を複雑にし、探偵の恋愛を必然性を持って話に取り込んでいる点は大変高く評価できると思います。
思えば『トレント最後の事件』や『樽』や『赤毛のレドメイン家』や『矢の家』や『陸橋殺人事件』や『アクロイド殺し』や『毒入りチョコレート事件』など、この頃の代表的な作品は1作ごとにかなりタイプが異なります。とにかく新しい本格ミステリを作ろうという動きがあるわけで、確かに推理小説の黄金時代だったんですねぇ。
アガサ・クリスティーの諸作品や『赤い館の秘密』があることからして、探偵が容疑者の話を順に聞いて事件を解決する、みたいな長編の定型パターンはもちろん既にあったんでしょう。ただ、そこに収まっていない作品群がこれだけあるわけですから、とにかく日々ミステリ作家たちが模索していたであろうことが推測されます。

というわけで何だかまとまりませんが、やはり時代的な点を考慮すれば一読の価値はあるし、作品そのものとしても結構読ませる良作かなと。古典もバカにできないよ、ほんとに。

原 題:The Red Redmaynes(1922)
書 名:赤毛のレドメイン家
著 者:イーデン・フィルポッツ Eden Phillpotts
訳 者:宇野利泰
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mフ-2-1
出版年:1970.10.23 初版
     2009.01.16 41版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1275-508fe27d