白夜の爺スナイパー
『白夜の爺スナイパー』デレク・B・ミラー(集英社文庫)

シェルドン・ホロヴィッツ、82歳。孫娘夫婦と暮らすため、アメリカから嫌々ノルウェーに移ってきた。危うい記憶や言動で、周囲を振り回す生活だ。ところがある日、母親を殺された少年を守る羽目に陥る。少年を追う暴力男や、迫り来る尿意と闘いながらの逃避行。道中、覚醒していく元スナイパーの嗅覚。たぎるユダヤ人のプライド。彼らを待ち受ける意外な運命とは? 傑作クライム・スリラー!英国推理作家協会(CWA)賞ジョン・クリーシー・ダガー賞受賞。(本書あらすじより)

久々に出ました、傑作です。素晴らしい。とんでもないものを読んでしまいました。今年の新刊ランキング暫定1位。混乱と妄想に振り回されがちな怪しい記憶と回想によりユダヤ人・父と子・愛国心というテーマを扱いつつ、勝手な爺が勝手な贖罪の旅に出かけるハードボイルド・ロードムービーです。
表紙とあらすじから想像される、痛快爺アクションとかコミカル逃走劇とは違う、ということは聞いて知っていました。だからてっきり『もう年はとれない』(そんなに痛快ではない爺アクション)+『窓から逃げた100歳老人』(爺コミカル逃走劇)+シリアス味300%(ユダヤ人の苦悩と戦争の苦悩)、みたいな感じだと思って読んでいたんですよ。いや実際350ページくらいはそうだったんですよ。でもこんなに最後、無情に、非情になるとは思わなかったのです。そして、あのラストになるとは思いもしなかったのです。読み終わってずっと心をえぐるような、爽快さはないけど不快感もない、ぜひ読んでほしい作品です。以下ちょっと長くなります。

主人公シェルドンは、アメリカ生まれアメリカ育ちのユダヤ人、朝鮮戦争への従軍経験を持つ82歳の老人です。孫娘夫婦に呼ばれてノルウェーに移住してきましたが、街とも孫娘とも上手く折り合いの付かない毎日。そんなある日、とある殺人事件に巻き込まれたシェルドンは、命を狙われている少年を連れて現場から逃走します。
基本的にコメディ要素ゼロ、そんなに明るくもなく、爺のかっこいいアクションが見られるわけでもなく、扱うテーマはめちゃ重く、冒頭だけ見れば不快な認知症ジジイが周りと喧嘩してるだけの話なんです。うーん、なんでこんなに面白くなってしまうんだ。

シェルドンは常に、朝鮮戦争で亡くした戦友と大戦で死んだユダヤ人、さらにベトナム戦争で死んだ息子、という死の苦悩を抱えて生きています。今までの彼は周りの死を防げなかった、だからこそ今度こそ、この少年を救おうとするのです。
という展開なら、なるほどこの爺はボブ・リー・スワガーみたいな伝説のスナイパーなんだな、となるはず。ところがこの爺の正体がいまいちよく分からないのがミソ。本人は自分がスナイパーであったと確信していますが、周りはそれを認知症故の妄言とみなしています。おまけにシェルドンは常に、過去に亡くした友人や息子の記憶の中に生きており、しょっちゅうその妄想過去の中に入り込んで死んだ友人と語り始めるようなやつなのです。言うなれば信頼できない語り手ものと言っていいくらい(あながち間違ってもいない)。
シェルドンの逃走劇は、ユーモラスなわけでも笑えるわけでもないのに、語り口が柔らかいせいかこちらが読んでいて重くなりすぎないのも良いですね。ロードムービー調のストーリーに、シェルドンの背景・悩みという重いテーマがじっくりと絡み、あまり類のない作品に仕上がっています。

その他の登場人物の描き方も抜群です。事件を調べる女性刑事や少年を殺そうとする一味、通りすがりの通行人は、はっきり言って全員脇役なのですが(刑事は違うかな)、ほとんど筆を費やさずに絶妙に人間くさく、かつ読者にとって好ましく描けているあたり、デレク・B・ミラーさんの新人離れした力を感じます。背後から殴られる場面を手落ち感なく処理して終わるの珍しくないですか。すごい作者に好感持てるんですけど。
そしてあのラスト数行! なんかもう、こうなるとは全く思っていなかったので、衝撃でした。この設定だからこそ成立する、見事なエンディングだと思います。

かなりとっちらかった感想になってしまい申し訳ないのですが、いやもうとにかくすげぇんだぞということを言いたかったのです。舞台こそノルウェーですが、作者もノルウェーに移住してきたアメリカ人ですので、要するにジェイムズ・トンプスンと同じアメリカ産北欧ミステリ。だから、いわゆる「北欧ミステリ」ジャンルの作品とは一線を画した出来になっています。400ページという程よい分量ですので、興味のある方はぜひ!

原 題:Norwegian by Night(2013)
書 名:白夜の爺スナイパー
著 者:デレク・B・ミラー Derek B. Miller
訳 者:加藤洋子
出版社:集英社
     集英社文庫 ミ-4-1
出版年:2016.05.25 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1268-407a88c9