偽りの書簡
『偽りの書簡』ロサ・リーバス&ザビーネ・ホフマン

1952年、独裁政権下のバルセロナで上流階級の未亡人が絞殺された。新聞記者アナは取材中に被害者が受け取った恋文を発見する。差出人がわからず、聞き込みでも恋人の存在が確認できなかったが、思わぬ援軍を得る。はとこの文献学者ベアトリスは、文章の綴り方、言い回し、形容詞等から書いた人物像を巧みに描き出し、驚くべき手がかりを見つけ出す。言語と文学を愛する文献学者と、猪突猛進の新人記者が織りなす傑作ミステリ!(本書あらすじより)

ううううん微妙。パンチの弱い集英社文庫の新刊みたい。
文献学者が手紙から思わぬ真実を見つけるビブリオ・ミステリ……みたいなストーリーをイメージするかもしれませんが、ちょっと違います。そういう要素もあるんですが、どちらかと言うとこれは192年の独裁政権下のバルセロナにおける、政治的陰謀と駆け引きと、それに巻き込まれた一般庶民の戦いの物語です。

まず設定もストーリーも悪くないんですが、キャラクターの立ち位置や行動が結構いい加減なのが気になります。主人公の女性記者アナは、まぁ元気はいいけど魅力的かと言うとそうでもないし、もうひとりの主人公である文献学者のベアトリズは引きこもりオタク学者っぽいんだけどもっとその才能を発揮させて読者を感心させないと。さらにアナと行動を共にするも敵対関係にあるバルセロナ一の刑事カストロは、頭が硬いんだか柔らかいんだか優しいんだかそうでないんだか安定しません。一番よくないのは、最後あの人とあの人がくっつくことかな。急展開すぎでは。

ストーリーは、1952年のバルセロナという暗い舞台がよく書けているとは思いますし、些細な手紙の表現から始まった事件が政治的な大きい事件へと発展し、主人公たちがそれに巻き込まれていくのもまぁ分かります。大きいといっても、あ、偉い人に狙われる理由ってそれなのかー、みたいな残念さもあるのですが、550ページきちんと話を持たせられているので、退屈ではありませんでした。
ただ、風呂敷を広げたわりに畳み方が何だかざっくりしているのです。この話は最終的に、アナとベアトリズたちはいかにして政府から身を守るか、という駆け引きになるのですが、何だか藪をつついて蛇を出した後そっと戻した、みたいな肩透かし感のある解決方法でした。これはあくまで庶民の物語なので、市井の人がどう対抗するか、という話としてはこれくらいが限界なのかもしれませんが……。

結局、全体的にこちらの期待を上回れなかった、というのが正直なところです。もう少しネタを生かして欲しかったかなー。

原 題:Don de lenguas(2013)
書 名:偽りの書簡
著 者:ロサ・リーバス&ザビーネ・ホフマン Rosa Ribas & Sabine Hofmann
訳 者:宮﨑真紀
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mリ-8-1
出版年:2016.05.31 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1267-7c5cb4ff