殺人は競売で
『殺人は競売で』カーター・ブラウン(ハヤカワ・ミステリ)

全世界の収集家の見果てぬ夢、鳳風の頭飾りのついた唐代の壺が何者かの手で北京博物館から盗み出され、行方不明のまますでに2年近くたっていた。ところが最近、ニューヨークはマンハッタン、オバーン美術品店の美人店主ミス・オバーンはその壺に関して3通の手紙を受け取った。
1通はロンドンのドナヴァンという男からのもので、数人の世界的コレクターによる内輸の競売に問題の壺を出すからお越し願いたいという案内状。もう1通はロンドンに来たら生命の保証はないという謎の脅迫状。そして第3のは、表現は穏やかだが最も凄みのある中国情報部かららしい脅迫状だった。が、問題の壺はコレクターの垂涎の的、命を賭けても欲しいものだ。そこでミス・オバーンは頼りになるプレイボーイ探偵ダニー・ボイドに議衛を依頼した。一方、ダニーはこんな妖精みたいなブロンド美人に同行できるならと即座に引き受け、急拠イギリスに向かった。が、ロンドンに到着し、息つくひまもあらばこそ早くもチンピラギャングや謎の中国女が出没し、おまけにグラマ一美人の死体まで飛び出して、ダニー・ボイドは否応な〈、競売をめぐる色と欲の世界へ足を踏み込んでいった!
スリルとサスペンスとエロテイズムをふんだんに盛り込んだダニー・ボイド・シリーズ最新作!(本書あらすじより)


あらすじ、記録上書きましたが、読み飛ばして結構です。長いからね。
ヘビーなものを読んで疲れたので、ちょっと合間に軽いものを読みたくなり、カーター・ブラウンのダニー・ボイド物を初めて手に取ってみました。この作品、どこかで面白いと聞いたはずなんですが、どこだったかな……全然思い出せない……。
ダニー・ボイド、私立探偵であるということ以外は、アル・ウィーラー警部と大差ないキャラクターなのですが、要するに安定のカーター・ブラウンを楽しめました。いやね、本当に楽しいんですよ、カーター・ブラウンって。一見しょうもなさそうなのに、ちゃんと騙して伏線張って、一切引き伸ばさずに130ページでまとめているんだから偉いじゃないですか。

話は、ダニー・ボイドが美術品店の店長ミス・オバーンに頼まれ、数年前に中国から持ち出されたまま行方不明だった唐代の壺をオークションで競り落とすまでミス・オバーンの護衛を行う、というものです。というわけで、物語の主要舞台は、オークションが行われるイギリスです。
オークションを仕切るドナヴァン兄妹、壺を競り落とそうとするミス・オバーンとその競合相手のミスター・レンツ、影で壺を取り戻そうとしている中国共産党の回し者らしいミス・スミス一味、などなど、実に入り乱れた状況です。そのような中、護衛というより女を口説くことに懸命なダニー・ボイド。お前なにやってるんだ。
ただこのダニー・ボイド、本能で行動してるくせにめちゃくちゃ優秀できれいに全部解決してくれるので、読んでいて安心感しかないのです。今回も、最終的に殺人へと発展した壺をめぐるゴタゴタの謎全てに見事カタをつけてくれます。この真相に、ちゃんと2つ伏線が仕込まれているんですよ……カーター・ブラウンすごいな……。というかよく考えたらダニー・ボイドも基本的にちゃんと仕事してるよね。今回ベッドシーンも2回しか出てこないし。

というわけで、今回も安定して楽しめる作品でした。今度はリック・ホルマン物かなぁ。カーター・ブラウンは、年2冊くらいのペースで読めると最高な気がします。

原 題:Catch Me a Phoenix!(1965)
書 名:殺人は競売で
著 者:カーター・ブラウン Carter Brown
訳 者:尾坂力
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1068
出版年:1969.03.15 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1262-5ae92e9c