灯火が消える前に
『灯火が消える前に』エリザベス・フェラーズ(論創海外ミステリ)

劇作家の死を巡る灯火管制の秘密とは……H・R・F・キーティング編「海外ミステリ名作100選」採択作品! 殺意と友情の殺人組曲が静かに奏でられる、大戦下の一夜に消えた命の灯火。(本書あらすじより)

今年は論創からフェラーズが2冊も出るんですよ! やったね! 論創さんいい仕事するぅ!
『カクテルパーティー』は狭いコミュニティー内での殺人、および疑心暗鬼に陥った容疑者同士の推理披露大会、みたいな話でした。比較的正統派の黄金時代本格ミステリです。一方今回の『灯火が消える前に』は、回想の殺人でこそないのですが、これはもしかしてフェラーズによる『五匹の子豚』なんじゃないか、と思わせられた作品でした。探偵役による容疑者巡礼に加えて、殺人者と被害者の人格を5人の容疑者の視点から描き出していくところなんか特に。今回もフェラーズらしい良作です。

物語は、第二次世界大戦中の灯火管制の夜、屋敷内で人気劇作家リッターが殺害される、という発端です。すぐさま犯人と目される人物ジャネットが逮捕され、事件自体は決着したかのように見えたのですが、状況に不信感を抱いた平凡な女性セシリーはその晩館にいた人たちを訪ねて回ることで、被害者リッターとジャネットの人柄を調べていきます。セシリーがリッターおよびジャネットと親しくなかった、というのがポイントでしょう。

ジャネットしか犯人になりえなそうな状況を成立させたトリック自体は、まぁそういうことだろうなと予測はつくものですし、犯人も同じく想像通りではあります。本格ミステリとしては及第点かな、という感じ。
それよりも、ひたすら登場人物による回想トークでのみ読ませているという点でなかなか強烈な作品でした。事件当時の状況を調べるのではなく、ジャネットとはどういう人物か、リッターとはどういう人物だったのか、ということのみに焦点を当てて話が進んでいくのです。正直フェラーズがこういうものを書けるとは思いませんでした。推理合戦とかユーモアがなくてもいいじゃないか。
まぁこの人物調査パートが一通り終われば、あとはひゅっと出てきた探偵役がぱぱっと謎解きをして、終わっちゃうんですけどね。この2つがもっと結び付いていたら、すごい傑作になったかも。

というわけで、今年のフェラーズ2冊目でした。全くタイプが違うので、読み比べてみるといいと思います。個人的には重厚な読み口の『灯火が消える前に』より、変態的な構成の『カクテルパーティー』の方が好きですが、どちらもオススメですよ。ノンシリーズフェラーズ、もっと紹介されるといいなぁ。

原 題:Murder Among Friends(1946)
書 名:灯火が消える前に
著 者:エリザベス・フェラーズ Elizabeth Ferrars
訳 者:清水裕子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 170
出版年:2016.04.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1261-c9861454