月の夜は暗く
『月の夜は暗く』アンドレアス・グルーバー(創元推理文庫)

「母さんが誘拐された」ミュンヘン市警の捜査官ザビーネは、父から知らせを受ける。母親は見つかった。大聖堂で、パイプオルガンの脚にくくりつけられて。遺体の脇にはインクの缶。口にはホース、その先には漏斗が。処刑か、なにかの見立てか。ザビーネは連邦刑事局の腕利き変人分析官と共に犯人を追う。そして浮かび上がったのは、別々の都市で奇妙な殺され方をした女性たちの事件だった。『夏を殺す少女』の著者が童謡殺人に挑む。(本書あらすじより)

アンドレアス・グルーバー、好きなんですよ。現代らしい正統派サスペンスで攻めて、(そこそこちゃんとした)謎解きとどんでん返しもあり、という具合で、紹介されているドイツ・ミステリ作家の中でも結構応援しています。他の作家と比べて本格ミステリマインドを解しているのでは、という予感があるのですが。今回で翻訳は3作目。なんと童謡殺人に挑戦です。すごいぞグルーバー。
……と紹介したくなるのですが、残念なことに「童謡殺人」と聞いて期待するようなものではありません。頭のおかしい殺人犯が童謡になぞらえて片っ端から女性を殺し、それを心理学の観点を取り入れて変人捜査官たちが追う、という、ある意味ごくごく真っ当なサスペンス。いつもと違って謎解きの意外性がなく、最初から見せている通りに終わってしまった、という印象が強いです。相変わらず面白いんですけどね、でもあと100ページ短い方がいいかも。

ドイツではメジャーだという童謡を見立てとした連続殺人、というアイデア自体は悪くありません。この童謡の知名度はおそらく日本では皆無に等しいと思いますが、訳者によって巻末に全文が載せられていますし、そもそもこの童謡はあくまで殺害方法(の残虐さ)を示すだけで、ぶっちゃけ捜査にはさほど関係しません。これもやや残念なポイントかも。
『夏を殺す少女』と同様に、今回もドイツとオーストリアの事件が結びついていきます。これを捜査するのが、連邦刑事局の超変人捜査官。さらに被害者の娘である刑事がこれに協力していきます。このコンビでシリーズも続いていくようですが、キャラクターなどは良いですね。とにかく変人がこう実に変人で、無礼ではあるんですが不快ではないというか。恨みを持つチェーン書店にじわじわ攻撃したり(笑)、飲み物にこだわったり、あと無礼だったりですが、おそろしく優秀ですし、目的に向かって突進するところに好感が持てます。今後に期待。

ただやはり事件自体にひねりがなさすぎで、そのわりに分量が多いのが全体としてはマイナスかなぁと。犯人(と思われる人物)のカウンセリングの章が随所に挿入されるのですが、これも作者の趣味にとどまっている気がします。ある人物の名前で驚かせるところとかはすごく良かったんだけど、これ中盤なんだよなー。
安定して面白いのですが、この人にはもっと複雑なプロットを書いてほしいんですよ。グルーバー未読の方は、まずは『夏を殺す少女』を読みましょう、こちらは非常におすすめなので。

原 題:Todesfrist(2012)
書 名:月の夜は暗く
書 名:アンドレアス・グルーバー Andreas Gruber
訳 者:酒寄進一
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mク-16-3
出版年:2016.02.26 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1257-215e5b00