赤毛の男の妻
『赤毛の男の妻』ビル・S・バリンジャー(創元推理文庫)

殺人を犯して妻とともにアメリカじゅうを逃げ回る脱獄囚、赤毛の男。そして二人の逮捕を命じられたNY第19管区の刑事。この追う者と追われる者の息づまる攻防は、そのまま複雑なアメリカ社会に苦悶する人間の縮図である。一見単純な構成の中に秘められた最終ページの恐るべき感動! 独創的なプロットが光る名手の真骨頂。(本書あらすじより)

実は『赤毛の男の妻』については、ネタバレを『海外ミステリー事典』で食らっていたのです。というわけで大ネタは知っていたのですが、いったいそのネタがどうミステリとして生かされるのかがさっぱり分からないのです。と言っている間に10年近く経ってしまいました。
で、今回ついに読むこととなったわけですが、いやぁバリンジャー読むのって『歯と爪』『消された時間』以来6年ぶりですよ。バリンジャーと、あとリチャード・ニーリィって、「当時は斬新だったんだろうけど現在では意外性に乏しくおまけに小説としても微妙」軍団として自分の中ではくくられているのですが(大変失礼)、果たしてどう転ぶか。

読んでみて一番驚いたことをまず言いますとですね、いやーなんか、あれですよ、バリンジャーのくせに普通に小説が面白いんですよ。びっくりするくらい読みやすくって、ちゃんと読ませるんですよ。しかも、しかもですよ、バリンジャーなのにサプライズが一切ないんですよ。めっちゃ意外じゃないですか。

話の内容はあらすじにあるのがすべて。脱獄囚の逃亡と、それを追いかける刑事、という構図のみです。本当にそれだけ。

一応さっき言ったネタ的なものはちゃんとあって、そのネタは最終ページで明かされます。ちゃんと仕掛けとしては機能していて、ちょいちょい伏線も張られているので非常にきちんとしてはいるのです。ただ、当時のアメリカではこれが非常に驚きを持って受け入れられたそうですが、さすがに2016年にこれを読んでも「あ、そうなんだー」で終わりです。いや、いつものバリンジャートリックではあるんですが、本筋と全く関係がないのです。あくまでストーリーにプラスαするだけのトリック。バリンジャー、ニーリィを評する「時代遅れ」「21世紀に読んでも驚けない」って言葉がめちゃくちゃピッタリです(予想してたけど)。

ただ『赤毛の男の妻』の面白さって、(バリンジャーのくせに)そういうトリック部分とは違うところにあるんですよ。追うものと追われるもののサスペンスが、次第にお互い会ったこともない両者を結び付ける独特の友情というか親愛を生み出し、最後に刑事が脱獄囚を捕まえるところでピークに達する、という話なんです。逃げる脱獄囚は、もはやスピリチュアルに追う刑事の存在を肌で感じ始めるので、「やつがこの街に入ってきた、俺には分かるんだ」とか言っちゃうわけです。この部分だけで純粋に最後まで読ませるのですごい。っていうかこれ完全に腐案件なのでは?
唯一残念なのが、脱獄囚と共に逃げる彼の妻(タイトルの「赤毛の男の妻」です)。この女が一見すごい悪女で、何やら企んでいる感を最初からずっと醸し出しているのですが、なんと、何も企んでいませんでした。なんだったんだ本当に。てっきり稀代の悪女かと思ったよ。

というわけで、個人的に『歯と爪』より楽しんでしまったという、意外な読書となりました。残る未読バリンジャーは……あ、地味にあと3作もあるのね。

原 題:The Wife of the Red-Haired Man(1957)
書 名:赤毛の男の妻
著 者:ビル・S・バリンジャー Bill S. Ballinger
訳 者:大久保康雄
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mハ-5-1
出版年:1961.09.08 初版
     1998.01.23 6版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1241-e342e665