夜は千の目を持つ
『夜は千の目を持つ』ウィリアム・アイリッシュ(創元推理文庫)

星のふる晩、青年刑事ショーンは、川に身を投げようとしている娘を救った。彼女の父親が死を予言されたというのだ。予言者は今まで正確きわまりない予言をしてきた謎の人物だという。父親は実業家であり財産家だった。犯罪計画の匂いがありはしまいか? ショーンの要請で警察の捜査が開始された。アイリッシュの真骨頂を示す不朽の名作。(本書あらすじより)

村上博基さん追悼の意を込めて。なお、邦訳ではウィリアム・アイリッシュ名義になっていますが、正確にはジョージ・ハプリー名義の作品です。
毎年ウールリッチ/アイリッシュを一冊ずつ読んでいますが、今回は初めて微妙な作品に当たったかも。アイリッシュって9割は文体みたいなところがあるじゃないですか(その点訳者には恵まれましたよね、本当に)。だからある意味、内容がちょっと微妙でも十分楽しめるので、そういう点では要求は満たされているのです。とはいえ、少々長すぎるようにも感じました。もうちょっと内容を絞っているとだいぶ評価が変わったのではないかと思います。

ストーリーは、父親の死を予言されたと話す娘のために、刑事がその予言者を調べ、さらに死のタイムリミットまでに命を救おうと奔走する、というものです。序盤は自殺しようとしたいたところを助けられたその娘が、刑事に謎の人物が次々と予言を的中させていったいきさつを語る回想形式になっています。復讐型とタイムリミット型のアイリッシュ長編しか読んだことないので、こういうオカルトチックな内容は面白かったですね。

ところがその回想パートが終わり、いざ具体的にその予言者を調べようとしていく後半が物足りないのです。読者としてはその予言が本物なのか、嘘であればどうやって事故や株価の変動などを当てているのか、というところが気になるわけです。で当然、予言の期日まであと数日しかない中、複数の刑事が命令のもと様々な角度から予言について調べていくのですが、全員にきちんと焦点が当たらないせいで、この捜査部分が非常に不十分に感じられます。もしタイムリミット的なサスペンスで盛り上げるのであれば、捜査の内容を絞るべきでしょう。どっちにしろ中途半端なのです。予言は本当なのか?というオカルトチックなネタだけで長編を書けてしまうのは、やっぱりアイリッシュならではなのですが。

中盤の捜査パートこそあれですが、終盤のタイムリミットに募るサスペンス感はさすが。特に時間が迫る中、刑事と娘と死を予告されている父親がルーレットをしながら黙々と全てを賭けていくシーンは、異色作家短篇集に入りそうな凄味があり、非常に素晴らしいと思います。
解決編が腰砕けなのはいつものことですが、今作の場合は現実的な解決になるのか超自然的な解決になるのかで引っ張るので、ある程度は仕方ないでしょう。個人的に、この手の引っ張りはどうせ不満を感じるのであまり好みではありません。ちなみに娘が星を怖がっていた理由も何だったんだろう……。

というわけで、まぁアイリッシュファンなら読んでもいいかな、というくらいですかねー。こういう時もあります。来年の一冊に期待。

原 題:Ngiht Has a Thousand Eyes(1945)
書 名:夜は千の目を持つ
著 者:ウィリアム・アイリッシュ George Hopley
訳 者:村上博基
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mア-1-4
出版年:1979.07.20 初版
     1989.01.06 12版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1239-bf21cb32