ラビとの対話
『ラビとの対話』ハリイ・ケメルマン(早川書房)

避暑地のホテルで休暇を楽しむラビ・スモールの部屋に、ある夜一人の若い女性が訪れてきた。ジョーンという名のその女性は、ユダヤ人の青年アロンと結婚する前にユダヤ教へ改宗させてほしいと頼みにきたのだった。もともと宗教にはそれほど関心がなさそうで、ユダヤ教もキリスト教の一分派程度としか考えていないジョーンに対し、ラビはユダヤ教の内容を分かり易く説明し始めた。次の夜からはアロンも加わり、ラビが解き明かすユダヤの叡知、その驚くべき合理性に魅入られたように耳を傾け始めた……
二千年に渡って世界各地に離散し、数数の迫害を受けてきたユダヤ人たちが、実業界をはじめ様々な方面で頭角を現わし、四面楚歌の中でイスラエルを再建した驚異的な力の秘密は何だったのか? この民族の強固な信念、徹底した合理主義を理解するためには、ユダヤ教という特異な宗教を知るのが欠かせない条件であろう。
ラビ・シリーズ七作で数々の難事件を解決した、ラビ・デイヴィッド・スモールの明晰な頭脳が、門外漢の若者の疑問に答えつつユダヤ教の本質を明かす本書は、格好の”ユダヤ人入門”の書である。(本書あらすじより)

ハリイ・ケメルマンの創り出した名探偵といえば、『九マイルは遠すぎる』のニッキー・ウェルト、および『金曜日ラビは寝坊した』に始まるラビ・スモールの2人がいるわけです。そしてラビシリーズは、日本では金曜日から始まり木曜日までの7冊が翻訳されています(未訳は、木曜日よりあとの4作品)。
そのラビシリーズの番外編として書かれたのがこちらの『ラビとの対話』。発表年としては木曜日と、未訳の Someday The Rabbi Will Leave の間になります。ミステリではなく、シリーズ主人公であるラビ・デイヴィッド・スモールが、ラビ(ユダヤ教の宗教的指導者兼学者のような存在)として、ユダヤ教・ユダヤ人の説明をしていくという体裁。一応小説仕立てにもなっていて、休暇中のラビのもとに、キリスト教徒の若い女性ジョーンが、ユダヤ人の青年アロンと結婚したいので改宗してほしいと頼みに来たことをきっかけに、若い2人に対してユダヤとは何かを教えていく……という話になっています。長いこと積んでいたんですが、いまユダヤ教の勉強をするはめになっていて、こういう機会でもないと読まないしというわけで頑張って読み通しました。ちなみに二段組みですが、ページは230ページと短めです。短いわりに濃いので時間かかりました。

まぁ小説仕立てとは言っても、230ページ中200ページは、会話調ではありますが、ラビがユダヤ教の教義や考え方や歴史をひたすら語って教えるというだけの内容です。キリスト教と比較しながら説明されることが多く、当然ですがちょっとユダヤ教ひいき目の見方。ユダヤ教徒の生活が分かるというより、キリスト教と比較しながらユダヤ教・ユダヤ人の神の考え方、男女の捉え方、法の考え方、などを説明していくというもので、概説書としては悪くないと思います。会話文なので基本は読みやすく、ざっくり勉強してみたい、という人には最適なのではないでしょうか。ラビ視点ということもあり、かなり説明が偏っている上に、説明される内容まで変なところをつついたものばかりなので、面白いと思います。
……とは言っても、メインの曜日シリーズも十分ユダヤの勉強になるんですけどね。あっちの方がミステリだしむしろ楽しく勉強できるんじゃないのかな、ひょっとして。

ただ面白いのはですね、この本のラストには、なんと驚くべきことに“どんでん返し”があるのですよ。ラビが教えてきた内容が地味に伏線となっちゃったりもするのですよ。いやそういうの期待して読まれちゃうと困るのですが、ちゃんと小説としても最後仕上げたんだなぁと笑っちゃいました。
というわけで、一般的な概説書とは違った角度から勉強できる、大変貴重な本でした。でもこの後ラビシリーズの翻訳止まっちゃったのってやっぱりこういう本出したりしてたからなんじゃないのかな……。

原 題:Conversations with Rabbi Small(1981)
書 名:ラビとの対話
著 者:ハリイ・ケメルマン Harry Kemelman
訳 者:皆藤幸蔵
出版社:早川書房
出版年:1982.12.31 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1238-56915b31