血の極点
『血の極点』ジェイムズ・トンプソン(集英社文庫)

フィンランド警察特殊部隊を率いるカリ・ヴァーラ警部の家の窓に、脅迫文つきの煉瓦が投げ込まれた。誰かが命を狙っているのだ。そんな折、エストニア人の女性から、売春組織にさらわれた娘の捜索を頼まれる。カリは大富豪たちによる地下取引の現場に潜入するが……。闇組織と脅迫者から、少女と家族を守れるのか?彼がした最後の決断とは?作者急逝による、フィンランド警察ノワールシリーズ最終巻。(本書あらすじより)

アメリカ人でありながら、フィンランドに引っ越し、フィンランド人と結婚し、そしてフィンランド人である警部を主人公にしたシリーズを書いたジェイムズ・トンプソンによる、カリ・ヴァーラ警部シリーズ最終作です。なぜ最終作って以前にも書いたようにトンプソンが亡くなってしまったからでして、いや本当にね……残念なことこの上ない……。
シリーズとしては4作目になります(自分は1作目だけ読んでないんですけど、いまだに)。全体としてはややまとまりに欠ける分、『凍氷』『白の迷路』より劣るかなとは思います。ただこの熱量と破壊力はすさまじく、解説にもある通りまさしく“ジェイムズ・トンプソンにしか書けない"作品なのであって、それを読めたというだけでも感慨深い作品。

前作、フィンランドの様々な有力者の恨みを買うことになったカリ・ヴァーラ警部は、何者かに命を狙われ始める。一方ヴァーラ警部自身は、前作で心に傷を負った妻との関係を修復したいと思いつつ、非合法な捜査をためらいなく行えるようになってしまった自分の正しさを証明したいと感じていた。エストニア人の女性から娘が売春組織にさらわれた話を聞いた警部は、単独で組織の壊滅を目指しつつ、命を狙うものたちの正体をつかもうとするが……。

おそらくトンプソンの中では、この作品は2作目・3作目の流れを完結させる話であり、かつ5作目への橋渡しのつもりとなる作品だったのではないでしょうか。だからこの後の作品を読まずに『血の極点』を評価するというのはどうもね……悲しい……。
短いわりに、かなりたくさんの要素を詰め込み、かつ一区切りつけようとしている作品であり、そのため終盤はどうしても駆け足になってしまっています。売春組織の話がやや浮いている上にちょっと雑な解決で、ヴァーラ警部一味 vs 有力者の戦いも、えっこれで片付いちゃうんだ、という感じ(強引というか)。ラストにヴァーラ警部がどうなるか、その1点にたどり着くことがシリーズ的に重要だったのではないかと思います。
というわけでプロット的にはやや広がり過ぎなのですが、さすがはトンプソン、物語の密度はハンパじゃありません。というか毎作濃くなっているんです。2作目までは正義を求めるマトモな警官だった主人公も、3作目では病気により感情が一切なくなり非合法組織のリーダーとなり、今回の4作目でも少し感情が戻ったとは言っても真っ黒中の真っ黒。さらに警部の部下2人、パソコン系に強いミロと腕っぷしの強いスウィートネスの二人が、すでに警部の抑えられないところまで真っ黒に落ちています。すげぇ。すげぇよトンプソン。

正義とは何か?とかそんな甘っちょろいものではないのです。落ちるところまで落ちてしまった非合法部隊の3人組が、フィンランドの闇を暴きながら、いかに苦境を脱し、いかに自分の感情に折り合いをつけていくか、という物語なのです。外からの目線でフィンランドを描けるトンプソンにしか書けない物語がここにはあります。
というわけで、ぜひ、シリーズ順に読み、この作品までたどり着いて欲しいですね。後世に残ってほしい、唯一無二の作品群だと思います。

〔追記〕225~226ページの文章を一部引用したいと思います。3、4作目の作風が、そしてトンプソンの姿勢が最もよく表れていると思うので。

 俺はようやく、どうしてこんなことになったのかを理解した。それは驚くべき真実であり、それとともに避けられない結末も見えた。この世界には圧力に屈するのを拒み、たとえ何があろうとものごとを最後まで見届ける男たちがいる。そうした男たちは危険だとして世間から疎んじられ、権力者からおそれられる。そうした男たちはどうぞ殺してくれと言っているようなものだ。
 ミロ、スイートネス、俺の三人はそうした男なのだ。戦友。血の兄弟。俺たちは全員、こいつらだけは何があっても自分に刃を向けないという確信でたがいに結びついている。俺たちはあまりにも仕事をうまくやりすぎた。常識も、法律さえも顧みず、主人のためではなく正義のために働いた。それこそが――窃盗でも犯罪でも人殺しでもなく――俺たちが罰せられるべき違反行為だった。

原 題:Helsinki Blood(2013)
書 名:血の極点
著 者:ジェイムズ・トンプソン James Thompson
訳 者:高里ひろ
出版社:集英社
     集英社文庫 ト-10-4
出版年:2016.01.25 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1236-a26896e3