パコを憶えているか
『パコを憶えているか』シャルル・エクスブライヤ(ハヤカワ・ミステリ)

ある酒場で人殺しがあり、現場で喧嘩していた不良青年パコ・ボルスが、ミゲル・リューヒ主任刑事のもとに連行された。取調べをしながら、ミゲルはパコの話に心うたれた。パコはまだ完全に堕落していなかった。根っからの不良ではなかったパコは、ミゲル刑事を信頼しきって、洗いざらい真実を打ち明けた。彼は無実だった。かくして二人は、不思議な絆で結ばれていった。
やがてミゲルは、民間人を公務に巻き込んではならないと思いながらも、不良じみたパコに頼んで、彼をやくざの大親分イグナシオ・ビラールの巣窟であるキャバレーに侵入させた。平巡査だった父親をビラールに殺されたミゲルは、彼に復讐したい一心から警官の道を選んだようなものだったが、パコの助けを借りて、今ようやくビラールの悪事の証拠を握ることができるような気がした……が、キャバレーのボーイになって乗り込んだのも束の間、パコは、プツリと消息を絶ってしまったのだ。ミゲルはパコをむざむざ犬死させてしまった自分の愚行を呪った。……が、パコの失踪を嘆き悲しんだのは、ミゲルひとりではなかった。やがて、誰からか〈パコを憶えているか〉という脅迫状が流されるようになり、その後、奇怪な殺人事件が相次いで起き始めたのだ!
待望の本格ミステリ巨篇、ついに邦訳成る!(本書あらすじより)


ついに、ついにパコですよ。あのポケミスの中でも最もレアいと言われるパコを読んじゃいましたよ。例の古本神からお借りしましたよ。
入手難易度の高い作品ほどえてして期待を裏切ってくることが多いものです。が、珍しくこれは本当に面白く読めました。フランス物らしい愛の物語に、復讐に駆り立てられる刑事ものとしてのノワール要素と、連続殺人の犯人当てというフーダニットの要素が見事に合わさっています。あらすじに「本格ミステリ」とあるのもあながち間違っていません。これはおすすめです。

バルセロナのやくざ、ビラール一味の経営するキャバレーに潜入していた青年パコが行方不明になった。彼を送り込んだことに責任を感じているリューヒ刑事は、ビラール一味の壊滅へと次第に偏執的にのめりこむ。やがて事件は何者かが一味を次々と殺害していくという連続殺人へと発展してしまうのだが……。

前半はややスロースタート(最初の最初に登場人物が一気に紹介されるくだりが超下手くそで混乱しますが、気にしなくてよいです)。やくざ vs ノワール刑事という、まぁよくありそうな感じですし、ビラール一味内部の争いもこれといって目立ったところがあるわけではなく、何と言ったらいいのか、比較的普通です。
ところがビラール一味が、〈パコを憶えているか〉というメッセージと共に何者かによって次々と殺されるにあたり一気に様相が変わってきます。紛らわしい叙述や疑わしい状況のせいで、これどうせ復讐に燃えるリューヒ刑事が犯人なんだろと思いきやどうもそうでもありません。となると犯人は誰なのか、ビラール一味の中にいるのか、パコと親しい関係にあったものたちなのか、それともやはりリューヒ刑事なのか、はたまリューヒ刑事の上司のマルチン警部なのか……? ここらへん、作者のミスディレクションが大変効いています。完全に犯人当てとして読ませる作品で、実際非常に面白かったです。

ますます偏執的・狂気的になるリューヒ刑事が暴走し、次々とビラール一味が減っていく中で、ついに事件は決着を迎え、真犯人も明らかになります。いやー、これ、すごく上手くないですか。友情ものとしても恋愛ものとしてもしっかりしているし、終盤の畳み方と見せ方もお見事。正直なぜ文庫化していないのかさっぱり分からない、イロモノとしてではなく、純粋に良くできた推理小説です。
容疑者がどえらい勢いで減っていくので真犯人候補がある程度限定されてしまうきらいはありますが、意外性は損なわれていませんし、隠されていた事実がさりげない伏線の上に成り立っているので唐突さも抑えられています。全要素が無駄なく絡んだ終盤からして、これは技巧的な作品でしょう。

というわけで、いやーとっても良かったです。ミスマガの「私の好きなポケミスBEST3」であげている人が多かったのも納得ですし、これはぜひ復刊して欲しかったかな。エクスブライヤの作風としては『死体をどうぞ』などとはかなり違うシリアス方向の作品なので、出来れば両方まとめて読み比べてほしいところ(個人的には『死体をどうぞ』の方がより好きですが、『パコを憶えているか』も文句なしに面白いのです)。
フレッド・カサック『日曜日は埋葬しない』などもレア・フランス・ミステリ・ポケミスですが、あちらと比べると正攻法なだけに、古びていないので、もっと人気出るんじゃないかなぁ。頑張ってくださいよ早川さん。

原 題:Vous souvenez-vous de Paco?(1958)
書 名:パコを憶えているか
著 者:シャルル・エクスブライヤ Charles Exbrayat
訳 者:小島俊明
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 995
出版年:1967.08.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1230-592cfa49