死人はスキーをしない
『死人はスキーをしない』パトリシア・モイーズ(ハヤカワ・ミステリ文庫)

ロンドンを発った列車は霧深いドーヴァー海峡を渡り、フランス、スイス、オーストリアを抜け、一面銀世界のサンタ・キアラに滑り込んだ。待ちに待ったティベット警部の休暇が始まろうとしていた――しかし彼は、密輸業者の巣窟と噂される当地唯一のホテル〈景観荘〉に探りを入れるという密命を帯びていた。ティベットが白銀のスロープに心躍らせたのも束の間、果して殺人が起きた――巨大な密室ともいうべき閉ざされたスキー場で起こった殺人事件! 1959年に発表されるや、著者に〈ミステリの新女王〉の栄誉をもたらした傑作。(本書あらすじより)

うっわ、めっちゃ面白れぇ!
と読了後叫ぶくらいには、こういうの好きなんですよ。いやー過去『サイモンは誰か?』と『殺人ファンタスティック』だけ読んでましたが、こういう英国らしい本格ミステリって読んでいるだけでもう楽しいのです。魅力的な事件のシチュエーション、程よくかき分けられた多国籍の登場人物たち、ほのかにユーモラスな語り口、適度な難易度の謎解きと張り巡らされた伏線、と英国本格に求める全てが詰まった作品で、もうこれ大好きすぎるどストライクです。

イタリアのスキー場で、リフトに乗った死体が発見される、というつかみ百パーセントな殺人事件(不可能犯罪ではないけど、それっぽい雰囲気もあります)がまず最高。ティベット警部が訪れる一週間前にはスキー場でスキーコーチの事故死もあったよ! 舞台はリフトでしか行き来できない山上のホテル。容疑者はイギリスの若者三人組、陸軍大佐と押しの強い奥様、ドイツの男爵夫人にその浮気相手のイタリア男と無口な家庭教師、父親に服従する不器量なドイツ娘、イケメンスキー講師、胡散臭いホテル経営者……なんだこの金田一少年ばりの設定は。

ティベット警部は現地の警察署長、および奥さんの助けを借りながら、殺人事件の犯人探し、およびホテルで行われていると思われる密輸の調査を行います。基本的にぐるぐる尋問してばかりですが、数十ページおきにだれかが隠し事を打ち明けるので全然飽きさせません。
真相解明直前には、ぶっちゃけ犯人はこいつだろうな、と薄々分かるのですが、完全に正解できず、微妙にそらされたものだったのでちゃんと驚けました。おまけに犯人分かってもトリックが分からなくて、どうやったのかと思えば……いやぁこれは盲点でした。上手いことやりましたねモイーズさん(と思ったけど、もしかしてこれ大抵の読者は気付いてるのでは……)。

海外本格にありがちな「ハッスルトリック(犯人が肉体的に頑張る)は不可能状況に答えさえ示してあと全部説明がつけばOK!」ではなくて(個人的にこの手のミステリの最たる悪例がアリンガム『判事への花束』)、きちんと隅々から伏線が回収されるのが上手いです。言われれば、あぁそんなシーンあったな、ってのがずらずら出てくるのでぐうの音も出ません。
芝居がかった最後の犯人御開帳シーンも、とある人物の活躍により大いなる盛り上がりを見せるのが実に良いです(個人的にはティベット警部のスキー最短記録に笑いました)。いやー楽しかったなー。デビュー作がここまでサービス精神あふれる作品だと本当に嬉しくなります。

というわけで、『死人はスキーをしない』、おすすめです。『殺人ファンタスティック』が代表作として有名ですが(あれも最後の犯人を追っかけるシーンがめちゃ楽しい)、『ファンタスティック』の全体的なファンタスティックっぷりより、こういう堅実な英国本格らしさを見せてくれる『スキー』の方が好きかもしれないです。

原 題:Dead Men Don't Ski(1959)
書 名:死人はスキーをしない
著 者:パトリシア・モイーズ Patricia Moyes
訳 者:小笠原豊樹
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ文庫 37-1
出版年:1976.12.15 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1225-309abcb6