ふりだしに戻る 上 ふりだしに戻る 下
『ふりだしに戻る』ジャック・フィニイ(角川文庫)

女ともだちの養父の自殺現場に残された一通の青い手紙。その謎の手紙は90年前、ニューヨークで投函されたものだった。ぼくサイモン・モーリーはニューヨーク暮らしにすこしうんざりしはじめていた。そんなある昼下がり、政府の秘密プロジェクトの一員だと名のる男が、ぼくを訪ねてきた。プロジェクトの目論みは、選ばれた現代人を、「過去」のある時代に送りこむことであり、ぼくがその候補にあげられているというのだ。ぼくは青い手紙に秘められた謎を解きたくて「過去」へ旅立つ。鬼才ジャック・フィニイが描く幻の名作。20年の歳月を越えて、ふたたび蘇る。(本書上巻あらすじより)

SF強化月間ということで読みましたが、どっちかと言うとファンタジーですね、これは。
フィニイはかなり好きな作家だとは思うのですが、うーんちょっとこれはのれなかったかなぁ。いくらノスタルジックだ何だと褒めようが、ダレ気味なのは否定し得ないと思います。全体的に都合よすぎる話で、それがフィニイの魅力とはいえ、これだけ長いと予定調和では持たないんです。しかしそれでも、このラストは憎いし、小説全体のふわっとした雰囲気が忘れがたい作品なのだろうと思います。

行きたい過去の出来事に身も心も浸りきればタイムスリップできるというむちゃくちゃな国家プロジェクトに参加したサイモンは、その類いまれなる妄想力により、憧れの19世紀ニューヨークへと何度も旅立つことになる、というお話。こんなタイムスリップ方法はSFじゃないですが、この自由さが何ともフィニイらしいというか。

で、この話、一番の問題は、過去へと旅立つ明白な理由がないことではないでしょうか。主人公サイモンは、確かに彼女の疑問を解消すべくタイムスリップするという個人的な理由を持ってはいますが、なぜそれを突き詰め続けなければならないのかは、実ははっきりしていないんです。
そして最初のタイムスリップは彼女も一緒にやるんですが、そのあとの単独タイムスリップでサイモンは過去の世界で恋をしてしまうのです。19世紀の世界で三角関係が勃発し、邪魔する男のたくらみを暴き……と、途中からは完全にロマンス。最終的に現代の彼女がすげぇ都合よく捨てられたりと、フィニイ相変わらず男の本能で話を展開させてますが(笑)まぁさすがに酷いね。

と、全体的には都合のよさとだれっぷりが気になるところですが、終盤でサイモンは国家の指令と自分の思いとの板挟みの中で、ある決断をするわけです。そしてこのラスト。実はこのことによって現代でかなりアレな変化が起きているわけですが(やっぱ酷いじゃないか!)、それでもなぜか感慨深いものがあります。この部分は本当に素晴らしいのです。
上下巻の中でサイモンの感じるノスタルジックと現実逃避についつい感情移入してしまうからこそ、ラストが生きるわけで、これはやっぱりフィニイの書く文章にしか出来ない芸当なんでしょう。まさにジャック・フィニイ流のおとぎ話でした。

というわけで、やっぱり『ゲイルズバーグの春を愛す』とかと比べてしまうと身も蓋もないのですが、忘れがたい印象を残す作品でもありました。続編もありますが、とりあえず今度はフィニイのコンゲームとか犯罪小説を読みたいです。

原 題:Time And Again (1970)
書 名:ふりだしに戻る
著 者:ジャック・フィニイ Jack Finney
訳 者:福島正実
出版社:角川書店
     角川文庫 フ-16-1,2
出版年:1991.10.10 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1217-658d1a09