SFクイズ 名探偵宇宙に挑戦
『SFクイズ 名探偵宇宙に挑戦』梶龍雄(ジャガーバックス)

科学空想小説(SF)は、うその世界を書いたものではない。今は、私たちの知識で想像した頭の中の世界だが、何年か後には必ず目の前にあらわれる世界なのだ。この本には、あなたたちの科学知識で推理できる、楽しいSFクイズが出ている。さあ、頭をひねってみたまえ。(著者のことばより)

以前安く手に入れたこの本を、この度手放すことになったので、その前にささっと読みました。感想もあっさり目に。
梶龍雄は『透明な季節』を発表する前には、児童向け翻訳や、このような児童向け書籍の執筆を行っていました。この作品は、まぁタイトル通りなのですが、1~2ページほどの長さのイラスト付きショートSFクイズがひたすら出題されるクイズ本となっています。

全体的には絵本なのでしょう。小説風からパズル的なもの、犯人当てのマンガまでとそのクイズの見せ方もかなり多種多様。ちゃんと「SFクイズ」ばかりであったことに一番驚きました(地球と月との重力差を利用したクイズとか)。SFというより宇宙関係のものが多めかな。
単純にパズルっぽい問題もありますが、半分くらいは理系クイズ的なもので、これ小学生わかんないだろみたいな容赦のないものすらあるので油断なりません。クイズの出来は良いです。マンガは絵の中にヒントがあったりと色々試されているので、解きがいもあるし。児童向けですが、手を抜いていない、きちんとした作品かなと思います。


書 名:SFクイズ 名探偵宇宙に挑戦(1974)
著 者:梶龍雄
出版社:立風書房
     ジャガーバックス
出版年:1974.04.20 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1210-df75e591