洞窟の骨
『洞窟の骨』アーロン・エルキンズ(ミステリアス・プレス文庫)

旧石器時代の遺跡の洞窟から人骨が発見された。調査に協力したギデオンの鑑定により、事態は急転した。人骨は旧石器時代のものではなく、死後数年しかたっていなかったのだ。ギデオンは、以前に先史文化研究所で捏造事件が起きた時、行方不明者が出た事実をつかむが……複雑に絡みあう人類学上の謎と殺人の真相にスケルトン探偵が挑む、人気シリーズ第九作。(本書あらすじより)

この間読んだスケルトン探偵シリーズ最新作である『葡萄園の骨』がもうあんまりにもあんまりだったので……。ただ一説によると、スケルトン探偵シリーズは、南の方、あるいは暑いところが舞台だとつまらなくなるらしくて、そういえば『葡萄園の骨』の舞台はイタリアだったし南の方なのかなぁ、なら仕方ないなぁ、と思いましたわけです。だったら積んでいるのも読んでやろうじゃないかと。はい、『洞窟の骨』の舞台はフランスなのですね、なら何とかなるんじゃないか?
ちゃんと骨の話を主軸に進んでおり、全体的に悪くはない方のスケルトン探偵でした。トラベル物としては、場所が田舎だったせいかかなり控えめかな。謎解きに期待してはいけないのですが、1点評価できるところもあるし、そこまでの過程が読んでいてわりあい面白いので許せます。でも個人的には、たまにはスケルトン探偵が頭を殴られない話も読みたいぞ、毎回じゃないか。

洞窟から見つかった3年前の死体の謎とその正体、さらにネアンデルタールをめぐる学者たちの対立が絡み合い、珍しく骨と考古学と殺人がかなりしっかりと混ざっているため、読んでいて面白いし勉強になります。ギデオンの骨の鑑定・司法解剖による意外な展開が後半に多いのもよいですね。
それらの鑑定結果が全て手がかりとして示された上で犯人が明かされるので、あまり後出し感もありません。まぁね、飛行機のくだりとか偽医者のくだりとかは、かなり盛ったわりにすげぇご都合主義的な解決をするので、真相は読んでややがっくしではあるけど、そもそもそんなに期待してないからまぁいいでしょう。

オリヴァー夫婦(延々とイチャイチャしている)の他に『古い骨』でも登場したルシアン・ジョリ警部が再登場するなど、シリーズ感を強めている点はちょうどいいくらいだと思います。学者の話がメインなので比較的落ち着いていてなかなか良かったんじゃないかと。でも過度な期待は禁物だよ、とだけ言ってきます。やっぱりエルキンズ読むならまずは『古い骨』ですねー。

原 題:Skeleton Dance(2000)
書 名:洞窟の骨
著 者:アーロン・エルキンズ Aaron Elkins
訳 者:青木久惠
出版社:早川書房
     ミステリアス・プレス文庫 155
出版年:2000.12.15 初版

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1209-26ebc832