世界の終わりの七日間
『世界の終わりの七日間』ベン・H・ウィンタース(ハヤカワ・ミステリ)

小惑星が地球に衝突するとされる日まであと一週間。妹のニコに、もう一度会いたい――元刑事のパレスは、警官たちが集う〈警察のいえ〉を後にして旅に出る。小惑星の衝突を阻止する方法はあると確信して、地下活動グループと行動をともにしているニコ。今、彼女はどこにいるのだろう? パレスはニコとその仲間たちの痕跡を地道にたどってゆく。終末を目前とした世界を描く、アメリカ探偵作家クラブ賞受賞作『地上最後の刑事』、フィリップ・K・ディック賞受賞作『カウントダウン・シティ』に続く三部作の完結篇。(本書あらすじより)

明日の引っ越しをひかえ、今日まで大忙しでした。一週間ほどネットがパソコンでは使えない環境になるので、今週は更新できないと思います。
さて、ベン・H・ウィンタースの、隕石衝突までの崩壊する世界での刑事小説/ハードボイルドシリーズ3部作がついに完結しました。いやぁ感慨深いなぁ。『地上最後の刑事』を読んだ時は本当にね、衝撃でしたよ。
今作は隕石衝突まで残り一週間、というところから始まります。いよいよ主人公のパレス刑事は偏執狂じみているし、物語は前作と比べてめちゃ小規模ですし、穴掘ってご飯食べてるだけの話なんですが、それだからこそこの作品は3部作の完結編として完璧ではないかと思うのです。読み終えて生じる深い感動が止まりません。

失踪した妹ニコの捜索を通じて描かれるのは、小惑星衝突まで一週間を切った世界の人々の生活。形はどうあれ、彼らはある種の平穏を求めて、様々な暮らしを送っています。そのような中で、(元)刑事として妹の捜索に死力を尽くすパレスの様子ははっきり言って異常で、どう見ても病気。客観的に出会う人々の小惑星病(衝突を前にしてパラノイアっぽくなる病気)を分析しているパレスですが、彼自身マトモとは思えません。第1作は世界が無秩序に向かう中、しょうもない自殺事件に疑いを持ったパレス刑事がひたすら捜査を続ける話で、こんなしょうもない事件になぜここまでのめり込むのか、という点で既に変人感はありましたが、もうそんなレベルじゃないです。
そして前作『カウントダウン・シティ』は話を大きくしすぎで何だかなぁと思っていたんですが、今回はとことん小さいエリアに話を絞ったおかげで、ひたひたと迫る衝突の日がむしろ意識させられるようになっています。これ以上ないSF世界なのに、一方でそれを極限まで感じさせない作られた”平穏さ”の不穏さがたまらないのです。

意外なことに、今までで一番ミステリ要素も強い気がしました。血痕、指紋、証言、証人といった要素にこれまで以上にパレスが偏執的にこだわり、全てが取り返しがつかなくなった後ですら真相を求めようと尋問を続けるからでしょうか。第1作で感じた、「世界の終わり」での「捜査」というギャップが戻ってきた感じ。結構どんでん返しもあるし、章の引きも強いし、これはまず作者が上手くなったのでしょう。なぜか『そして誰もいなくなった』感もあります。

そしてラストがさぁ……本当によかったのです。これなんでパレスが戻ってきたのかを考えたら、もう、泣きますよ、マジで。ここで終わっちゃうのかという残念さもあるけど、ここで終わらなきゃいけなかったのでしょう。いやーいいもん読めたなぁ。いいミステリであり、いいSFであり、そしていいハードボイルドでした。

シリーズを総括すると、作品世界にのめり込むという点では『地上最後の刑事』がダントツで(あれは読んでいる間中、自分も小惑星衝突が迫っている気分になっていた)、『カウントダウン・シティ』はやや中だるみ、『世界の終わりの七日間』は完全に持ち直して、ウィンタースの持ち味が出せたなと。なかなか稀有な面白さを備えたシリーズですので、ぜひ1作目から読んでみることをおすすめします。

原 題:World of Trouble(2014)
書 名:世界の終わりの七日間
著 者:ベン・H・ウィンタース Ben H. Winters
訳 者:上野元美
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1902
出版年:2015.12.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1208-158542ba