マローン売り出す
『マローン売り出す』クレイグ・ライス(光文社文庫)

秘密の結婚式をあげたばかりの花嫁ホリーは、その夜、不快な夢を見た。絞首用のロープで吊るされている夢…。午前三時、謎のベルの音で目覚めたホリーは、その音に導かれ、胸にナイフを突き立てられて、凍りついている伯母を発見した! シカゴの名探偵にして名弁護士、ジョン・J・マローンがデビュー、ジェイクとヘレンの名コンビも初登場のシリーズ第一作、ついに発掘!(本書あらすじより)

クレイグ・ライスと言えば、『スイート・ホーム殺人事件』の旧訳版(なぜかですます調で訳されたという素晴らしい作品)がマイベストミステリに入るレベルで好きなわけですが、そのあと読んだ『大はずれ殺人事件』が全くはまらず、気付けば6年以上経っていました(先日スチュアート・パーマーとの合作『被告人、ウィザーズ&マローン』を読みましたが、あれはパーマー主導で書いたもののようですし)。先日小鷹信光さんが亡くなり、実は今まであまり訳書を読んでいなかったので、積ん読から漁ってこちらを読んだ次第。まぁユーモア・ミステリの翻訳って小鷹さんのメインのお仕事ではないと思いますが……(それだけハードボイルドを積んでいないということでもある)。
というわけで、酔いどれのJ・J・マローン弁護士、およびジェイク&ヘレンシリーズ第1作です。創元版タイトルは『時計は三時に止まる』。違法スレスレのドタバタとユーモアと酒と本格で有名なこのシリーズですが、1作目の翻訳は他作品と比べてずいぶん遅れたのです。小鷹さんの後書きによれば、原書が超入手困難の稀覯本であったためだとか。ちなみに2作目の The Corpse Steps Out も同様の稀覯本であり、この本出版時にはまだ小鷹さんが入手されていなかったようですが、関根克己氏のコレクションから見つかったようで、1988年にはEQに訳出され、後に創元推理文庫から『死体は散歩する』のタイトルで出ています。なおアメリカ本国でも1980年代後半以後何度か復刊されており、現在では入手が容易なようです。

今回読んでみたら、うわっマローンシリーズってこんなに面白かったのかよ、と終始大興奮でした。捜査を(ほぼ非合法的に)助けるジェイクとヘレンのぶっ飛びっぷりが楽しく、案外常識人のマローンの名推理もキレキレ。いやはや超面白かったです。

冒頭でヘレンの友人ホリーは伯母の死体を発見するのですが、その場面の悪夢のような雰囲気がいきなり異様です。時計が三時に一斉に止まっていた、という意味不明の夢のような話をして殺人容疑で捕まってしまった彼女を助けるため、ジェイクやマローンたちが奔走します。調べていくうちに、ホリーの話はおかしいどころかあり得ない状況であることすら分かり、やや不可能殺人っぽいところも本格としてナイス。事件の真相自体はえっそんな理由かよみたいな感じですけどね、ぶっちゃけ。

というわけで本格ミステリとしてもかなり面白いのに、それに加えてキャラクターユーモア小説として抜群に楽しいのはさすが。まーみんな飲むこと飲むこと。スピード狂のヘレンは車をぶっとばすし飲むし(いまこんな飲酒運転まみれの本を出版したら大変だな……)。漫才のような掛け合いに終始彩られており、それが冗談じゃなく滑らずひたすら楽しかったです。
なお、今作でジェイクとヘレンは初めて出会い、恋に落ちるわけで、これはイチャミスでは!と思ったんですが、最後にくっつくまでやきもきさせるパターンなので違いました。残念。

というわけで久々のライスを満喫してしまいました。いま読むと『大はずれ殺人事件』も面白いのかも。評判のいい長編が多いですし、ちょっとずつ手を出していきたいところです。

原 題:8 Faces at 3(1939)
書 名:マローン売り出す
著 者:クレイグ・ライス Craig Rice
訳 者:小鷹信光
出版社:光文社
     光文社文庫 ラ-1-1
出版年:1987.05.20 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1193-a210f417