よき自殺
『よき自殺』トニ・ヒル(集英社文庫)

真冬のバルセロナ。若い女性が地下鉄に飛び込んだ。彼女の携帯電話には不可解なメッセージと、木に吊るされた3匹の犬の死体の写真が……。カタルーニャ州警察警部エクトル・サルガドは、女性の勤める会社では、他にも自殺者がいることに気づく。相次ぐ自殺の裏にあるおぞましい真相とは? 一方、産休中のレイラ・カストロ刑事は失踪したエクトルの元妻を捜すが……。好評のバルセロナ・ミステリー第2弾。(本書あらすじより)

10日間更新が途絶えていましたが、これはもうあれです、卒論のせいなのです。だから仕方ないのです。だからいまごろ去年読んだ本の感想を書くことも許されるのです。
というわけで、『死んだ人形たちの季節』で一躍話題になったスペインの新人トニ・ヒルの第2作です。『死んだ人形たちの季節』は、スタンダードな警察小説とはちょっと違ったスペインらしいやや薄暗い雰囲気、1作目では強かった呪術的要素、意外とちゃんとした謎解き、そして衝撃のラストなど、なんかこれ面白いぞ、という感じに満ちた作品でしたが、その次作が登場。ちなみに全3部作とのこと。
で、この『よき自殺』、色々な点で前作より好みで、傑作でした。いやー面白かった! 前作のラストで明かされた衝撃の事件と、とある化粧品会社の連続自殺事件という2つの筋が並行して進むのですが、やっぱりトニ・ヒルはどこか薄暗いスペインめいた雰囲気と、本格ミステリ好きに訴えかけそうな謎解きが良く、警察小説の中でも特異さを感じます。なお、このシリーズに関しては明確な3部作ですので、1作目から順に読むことをおすすめします。

まず、メインとなる連続自殺事件がいいですよね。化粧品会社の中でもある研修に出かけていたグループのメンバーが次々と自殺しているらしいこと、釣り下がった犬の死体の写真が関係しているらしいこと、という不気味さ・得体の知れなさがあふれる感じが素晴らしく魅力的。容疑者である登場人物の心情がひたすらねちっこく描かれるだけっちゃだけなのですが、これがちゃんと読ませます。
研修で何があったのか、というホワイダニットは、明かされるとなるほどそうでしたか、くらいのものなんですが、そこに至るまでのワクワク感がたまりません。真犯人にも適度に驚きました。何となくクリスティーっぽさを感じたんですが、なぜなんだろうなー、全然似ていなそうなのに。

この事件と並行して描かれるのが、主人公サルガド警部の家族の問題。息子との絶妙な距離感がちょうど良く思われます。確かに北欧ミステリとかにありがちなはいはい家族の不和ね、って感じですが、あそこまでえぐくないし、基本的にみんないい人ですからね、安心して読めます。何より間に入ることになる産休中のレイラ刑事の存在がよく出来ています。自殺事件とは全く関係なく、レイラ刑事は前作から続く事件を単独捜査するパートがあるのですが、レイラ刑事の優秀さが伝わってくるもので、こちらも読んでいてちゃんと面白いのです。
そしてまたラストでの背負い投げ。これはもう3作目を読み終えるまでは死ねません。いやー、あっちの事件が果たしてどこに着地するのか、全く予想できないんですけど、超期待しちゃっていいんですかこれ。

というわけで、集英社文庫やるなぁと感心しきりなトニ・ヒル第2作でした。3作目がいまから楽しみです。スペイン・ミステリも色々読んでみないといけないのかなぁ。
あ、あと、今年から原題、および著者英語名を下の書誌情報につけることにしました。何かと便利そうなので。

原 題:Los buenos suicidas(2012)
書 名:よき自殺
著 者:トニ・ヒル Toni Hill
訳 者:宮崎真紀
出版社:集英社
     集英社文庫 ヒ-7-2
出版年:2015.10.25 1刷

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1192-70daaf4b