ようこそ、死のパーティーへ
『ネロ・ウルフの事件簿 ようこそ、死のパーティーへ』レックス・スタウト(論創海外ミステリ)

美食やアメコミを題材にした三つの難事件を収録する第2弾! 日本独自編纂の傑作中編集。悪意に満ちた匿名の手紙は死のパーティーへの招待。神秘のベールに覆われた不思議な事件にネロ・ウルフが挑む。(本書あらすじより)

論創海外ミステリから出たネロ・ウルフ中編集2冊目です。中編3つ収録。前作よりも本格度の高い短編集で、いずれも素晴らしく面白かったです。依頼人を第一に行動する、というネロ・ウルフの私立探偵らしい特徴がよく表れた作品も多く、だからこそクレイマー警視との対立も際立ちます。やっぱネロ・ウルフは面白いねぇ。

ネロ・ウルフは解決シーンが長いことがひとつの特徴かもしれません。中編であっても結構な分量が割かれているけど、これはウルフが最後に関係者を集めて尋問をしながら最後の証拠固めを行なうためでしょう(真相には既に到達していることが多いのです)。このへんがちょっと後出し証拠推理っぽく思える理由なのかも。
『黒い蘭』を読んだ時に、もしかしてネロ・ウルフの面白さって本格+ユーモア+コン・ゲームなのかな?と思ったのですが、今回またその思いを強くしました。ウルフの証人・警察、さらには依頼人との駆け引き的な面白さがやはり際立つし、そのあたりで同時代のミステリとは一線を画しているように感じます。俺もいざとなったら雇いたいな……。
とはいえ、アーチ―のキャラクターと、アーチ―が動くというシステムを考え出した時点でレックス・スタウトはやはり天才。ベストは自殺に見せかけて置かれた銃がなぜか死後移動するという不可能趣味あふれる「翼の生えた銃」。初ネロ・ウルフ、という方におすすめです。長編なら『編集者を殺せ』をぜひ。


「ようこそ、死のパーティーへ」Cordially Invited to Meet Death(1942)

上流階級向けのパーティーの企画者、ベス・ハドルストンが、匿名の中傷の手紙の送り主を見つけてくれるようネロ・ウルフに依頼した。ハドルストン邸にはチンパンジーがうろつきまわり、ベスの関係者がうろつきまわっていた。しかしこの匿名の手紙事件は、やがて殺人事件へと発展してしまう。
前作「黒い蘭」の続編ではありませんが、引き続き黒い蘭が登場することでつながりがあります(もともとは同一中編集に収録されていたものです)。ネロ・ウルフの美食がらみの出来事が多く、特に南部出身で方言丸出しの娘がウルフ懸案のコンビーフ・ハッシュの作り方に示唆を与えるシーンなど爆笑。
本格ミステリとしては終盤の展開はお決まりでもあるんですが、そこをロジカルに詰めていること、および中編という長さであることで程よい意外性をもたらしています。

「翼の生えた銃」The Gun with Wings(1949)
自殺として処理された男の死亡事件の再調査をお願いしに、結婚目前のカップルが依頼してきた。矛盾した証言を抱えるふたりに業を煮やしたネロ・ウルフは、かなり強引な手段に出る。
自殺に見せかけて置かれた銃がなぜか死後移動する、という、一見不可能事件にも見えるものを説き明かします。容疑者のうそをつく心理を突き、事件を的確にほどいていくネロ・ウルフの手腕はさすが。決定的な証拠にはかけていますが、起こりうる解答を即座に導き出すのはさすがです。訳者あとがきにもありますが、定番ですがおすすめの一品でしょう。

「『ダズル・ダン』殺害事件」The Squirt and the Monkey(1951)
人気漫画の作者が、銃を家のものに盗まれたといって依頼してきた。アーチーはしぶしぶ家に乗り込むが、そこで殺人事件の容疑者となってしまう。
いまいち窓を開けた云々のミスや犯人特定のロジックが怪しいのですが、このように犯人にあてはまる条件を列挙して、証拠をあとで回収する、というやり方は安楽いす探偵らしいのかも。私立探偵免許を取り消されかけるほど追い詰められたウルフとアーチーが、依頼人たちを相手におお立ち回ります。犯人のラストが印象的ですが、それにしても個人的な関心から解決に乗り出すウルフを敵にすると勝ち目はありませんね。

書 名:ネロ・ウルフの事件簿 ようこそ、死のパーティーへ(1942~1951、日本オリジナル中編集)
著 者:レックス・スタウト Rex Stout
訳 者:鬼頭玲子
出版社:論創社
     論創海外ミステリ 158
出版年:2015.10.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1184-1a16a672