デイグラシアの羅針盤
『デイグラシアの羅針盤』カタリスト

「どうすれば、彼女たちは生きてあの海を出ることができたのか。
もし、違う選択をすれば、結果は変わっていたのか」

2033年8月1日、
深海遊覧船は水深700mの海底に沈んだ。

一瞬にして失われた50名の生命。
残された者たちは、閉ざされた深海で生存への道を模索する。
だが、その水底には、彼らが予想もしなかった脅威が潜んでいた。

“二人の生存者”の片割れは、
繰り返す記録と記憶の果てに、彼女たちを救うことができるのか。

「生存者を決めるのは、あなたです」

これは正解のないノベルゲーム。
(Amazonあらすじより)

ほっんとうに久々にゲームをやりました。ミステリマニアの知り合いが関わっている同人ゲームなのですが、せっかくなので感想をあげてみます。
内容はあらすじの通りですが、公式サイトの予告編なりオープニングムービーなりを見るのが一番いいと思います。オープニングかっこいいよね……。

基本的には、話を読み進め、時に選択肢を選び、ハッピーエンドにたどり着くのを目的とする普通ののノベルゲームです。
プレイ時の率直な感想は、「おっキャラクターが可愛い」→「海に沈んでからぐだぐだしてるなー」→「えっ選択肢すくない(というか全然ない)」→「これどうやればクリアできるんだ???」→「もうやることないぞ???」→「あああああ、そういうことかぁあ」→「ここからが本番です」→「謎はすべて解けた」
……こんな感じかな、多分何言ってるか分からないと思いますが。とにかくミステリ的な驚きに満ちた作品であることは確かです。

簡単に特徴みたいな部分を列挙しますと、

①舞台が「深海」。
  単に海ではなく、深海、というのは素敵です。深海というキーワードがミステリアスな雰囲気を形成してるのは勿論のこと、深海ならではの事件背景がでてきたり、深海生物が登場したりと、色々なアクセントになっています。

②音楽がいい!
  普段ノベルゲームをあまりやらないので詳しいことは分かりませんが、場面ごとに変わる音楽が印象的でした。お気に入りはユーモラスな場面で流れる「ぷぁぷぁぷぅぁああ」と緊迫した場面で流れる「どぅどぅどぅどぅカーン」ですね。聞けば分かります。聞かなきゃぷぁぷぅぁああは分かりません。

③初心者でも大丈夫
 正直、ノベルゲーム選択肢地獄(選択肢のたびに栞をはさんで大量の栞を前に訳が分からなくなる現象)を恐れていたんですが、まったくそんなことにはなりませんでした。プレイヤーがストーリーに介入できるポイントは決して多くないので(クリアしやすいよう配慮した、と公式ツイッターで言っていましたね)、シンプルにプレイできると思います。ただその分、介入する際に発想力を求められます。苦労した分の快感は確かにありますが。

④プレイすればするほど謎が増える
 話を読み進めていき、選択肢を選べば選ぶほど、この事件への謎は深まります。いま何が起きているのか?にとどまらず、過去に何があったのか?そもそもこいつは誰だ?まで、謎はどんどん増えていきます。疑問点の数をノートに箇条書きにしていたら二十、三十は出てきました。収拾つかねぇだろ、とか途中で頭をよぎっていましたが、安心してください、解決しますよ。うまいことパズルが組み合わさっていく快感がすごいです。

⑤はじめはタルくても後半のリーダビリティは凄い
 前半は正直読むのが面倒でした。キャラクターがわいわい冗談言い合っているのが好きな人は大丈夫だと思いますが、それでもある程度間延びしています。ただこれはこのゲームの性質上ある程度仕方のないことではありますし、後半からは事件にガンガン展開があり、最終的にすごいスピードで読めます。


というわけで箇条書き的な感想ですみません。
普段はゲーム実況を見るばかりで、実際に自分でゲームをプレイするのは久しぶりだったのですが、このゲームは自分でやって、自分で考えた方が10倍ぐらい面白いゲームだと思います。同人ゲームとして、という意味ではなく、ゲームとして大満足だったので、面白いノベルゲームないかなと探している方にはオススメです。

タイトル:デイグラシアの羅針盤(2015)
製  作:カタリスト
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1182-b40fd399