サンドリーヌ裁判
『サンドリーヌ裁判』トマス・H・クック(ハヤカワ・ミステリ)

大学教授の夫が大学教授の妻を殺害?殺されたとされる史学教授のサンドリーヌ、彼女はその誠実さで誰からも慕われていた。一方、夫の英米文学教授サミュエルは、自身の知識をひけらかし周囲をいつもみくだしていた。彼は無実を訴え、証拠も状況証拠にすぎなかった。しかし町の人々の何気ない証言が、彼を不利な状況へと追い込んでゆく。やがて、公判で明らかになるサンドリーヌの「遺書」。書かれていたのはあまりに不可解な文章で…妻と夫の間に横たわる深く不可避な溝を、ミステリアスに描き出したサスペンス。(本書あらすじより)

要するにクックがあの作品(ギリネタバレなので自粛)を書くとこうなる、ということですね。肝だけ抜き出せば陳腐なのに、この真相とラストのために長々と裁判と回想に筆を費したらあら不思議、感動作が出来上がりました。やや安易な気もしますが、そこも含めてクックの良さではあるのかなと。

全編、妻サンドリーヌを自殺に見せかけて殺したという容疑をかけられた男サムの裁判が、彼の一人称で語られます。彼らの結婚生活の回想および証言によって、サンドリーヌ、そしてサムの性格、心情が明らかになっていきます。
この語り手サムが、まー嫌なやつなんです。二流大学教授ですが、自分はもっと優秀だ、そして二流大学の街の住民はみんなバカだ、ってな感じで周囲を見下すインテリクソ野郎。サンドリーヌからは感情が欠けていると言われていたようですが、まさにその通り。サンドリーヌとそりゃあ理解しあえっこないわ、としか思えません。語りからは実際に妻を殺したか分からないこともあり、感情移入をはねつけます。
しかし裁判の中で、彼はサンドリーヌの死の直前の不可解な行動を思い返し、サンドリーヌの考えを理解しようとしていくのです。周りの気持ちなんかてんで分からないダメ野郎だったサムが、徐々にサンドリーヌと、そして何より自分を見つめ直し、変化していくところが読みどころ。果たしてサムは本当に殺人を犯したのか? そして判決はどちらに?

と、あとは語るだけ無意味というか読んでねってタイプの話なので、感想はこれくらいで。とにかくクックの毎度のごとくの語りのうまさを堪能できる絶好の材料だったのは間違いありません。話としては比較的単純で物足りなさもありますが、これはこれでひとつの「サンドリーヌ裁判」という完成した物語なのだと思います。クックが好きであれば外しはしないはず。

書 名:サンドリーヌ裁判(2013)
著 者:トマス・H・クック
訳 者:村松潔
出版社:早川書房
     ハヤカワ・ミステリ 1891
出版年:2015.01.15 1刷

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1175-09a47342