水の葬送
『水の葬送』アン・クリーヴス(創元推理文庫)

シェトランド島の地方検察官ローナは、小船にのせられ外海へ出ようとしていた死体の発見者となる。被害者は地元出身の若い新聞記者だった。本土から派遣された女性警部がサンディ刑事たちと進める捜査に、病気休暇中のペレス警部も参加し、島特有の人間関係とエネルギー産業問題が絡む難事件に挑む。〈シェトランド四重奏(カルテット)〉を経て著者が到達した、現代英国ミステリの新たな高み。解説=若林踏。(本書あらすじより)

つつつ、ついに出ましたよアン・クリーヴスの新作が! いやぁ前作で「シェトランド四重奏」が終わってしまった上に、衝撃のラストだったもんですから、どうなることかと思ったら本国でちゃんと5作目が出ていて。え?え?どう続くの?とめっちゃ気になっていたのでした。
というわけで、シェトランド島を舞台にした地味地味英国現代本格の代表、ジミー・ペレス警部シリーズ最新作です。4作目のラストで重要人物に大きな出来事が起きますので、出来れば4作目の後に読んでほしいのですが、その遠回りがもったいないくらいシリーズの中でもベスト級の傑作でした。今作はほんっとうに素晴らしいです。読んでいる間もう幸せで幸せで……。
シェトランドという狭い環境での濃密な人間関係をじっくりと描くという、クリーヴスの持ち味が見事に発揮された一作。ペレス警部の再起、社会問題の絡め方も、無理なく、重厚な物語を作り上げています。
(なお、アン・クリーヴス初読という方は、やはり1作目『大鴉の啼く冬』から入るのがよろしいかと思います。先日あんまり英国地味本格を普段は好まない彼女が読んだところ、そこそこ気に入っていたようですし。)


シェトランドに帰省していた新聞記者が死体となって発見されます。どうやら島のエネルギー問題について調べていたようですが……。さらに彼の元カノ、死体を発見した地方検察官など怪しげな人間関係が浮上。病気療養中のペレス警部は、派遣されてきた新任の女性警部と共に久々の捜査を始めることになります。

1、2、3作目のアン・クリーヴスに戻ったな、という感じ。結婚式という田舎イベント、親戚やら職場やらの人間関係、とにかく地味に話を聞いていくだけのもったりとした展開。エネルギーという社会問題を取り入れてはいますが、でも派手にもうるさくもならず、基本は人間をじっくりと描くのです。いいぞー。

さらにある事情からほぼ休職中だったペレス警部(4作目の衝撃的なラスト参照)を、捜査にゆっくりと関わらせていくのが上手いです。やる気どころか生きる気すら出ていないようなペレス警部がほいほい殺人事件に乗り出すわけもないのですが、そのきっかけとなるのが、今回彼と共に捜査をすることになる本土から派遣された女性のリーヴズ警部。彼女が嫌味っぽくもなく、かつ時々感情的、精気のないペレス警部にいらだちもすれば気遣いもするという、実に好感のもてるキャラクター。リーヴズとペレスの距離感が本当に絶妙なんです。やはり女性作家はこういう女性を描かせるとピカイチですね。
また、ペレス警部不在の中、頼りないサンディ刑事の奮闘っぷりもいいのです。3作目以降めきめき頑張りを見せつつあったサンディですが、お、お前はペレスがいないとこんなにダメになっちゃうのか……。彼もまたリーヴズ警部という新たな上司への接し方に悩み、また徐々に復活していくペレス警部を見て心から嬉しく思ったりと心境大忙し。自信なさげな彼には今後も期待したいです、なんか感情移入しちゃうんだよね。

今作は作者お得意の視点人物の切り替えが捜査関係者ばかりという珍しいパターンですが、ペレス再生の物語としては実にぴったりでした。ペレス、サンディ、リーヴズからの目線が絶対必要です。
その中で、ペレス警部の天性の捜査の能力というか、発想の素晴らしさが、今回かなり強調されていたように思います。でもそのキャラ付けがしっかりしているせいで、ペレス警部が本調子になればなるほど、読んでいてすごく安心してしまうんです。じっくりと話を聞く、忍耐強いだけみたいなこのキャラクターにこんなに愛着を持つことになるとは思わなかったなぁ。

登場人物についてばかり語ってしまいましたが、ミステリ面でも安定の出来栄え。暗さ、陰湿さを伴いながら、最終的にペレス警部はいつものように人間心理を解き明かし、事件を解決に導きます。アン・クリーヴスの重厚な物語のつむぎっぷりが、明らかに前作までよりも格段に増しており、読み応えといい迫力といい、読者を引き込む力がすごいことになっています。こんなに地味なのに。これは新シリーズに期待せざるを得ません。
というわけで早くも次作を読みたいのですが、例によって訳されるのは2年後でしょうね……くぅぅ期待期待。

書 名:水の葬送(2013)
著 者:アン・クリーヴス
訳 者:玉木亨
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mク-13-5
出版年:2015.07.24 初版

評価★★★★★
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1173-023c4ceb