ラスト・タウン―神の怒り―
『ラスト・タウン―神の怒り―』ブレイク・クラウチ(ハヤカワ文庫NV)

※以下の内容は、あらすじも含めて、ブレイク・クラウチの前作『パインズ』『ウェイワード』を未読の方にはネタバレとなっております。というわけで未読の方は読まないほうがよいのですが、ざっくり気になっている方にだけお知らせしますと、『パインズ』が星5つ、『ウェイワード』が星4つだったとするならば、『ラスト・タウン』は星3つでした。えーとつまりそういうことです(ラストだけ頑張ったんだけどね)。







保安官イーサン・バークの告発が引き金となって、町を外界と隔てるゲートは開け放たれた!異形の生き物が群れをなしてなだれ込み、人びとに襲いかかる。凶暴な牙と爪!血塗られた町を飛び交う恐怖の叫び!イーサンは住民を組織して、怪物たちや町の創設者に立ち向かう。だが、仲間は次々と怪物の餌食に……。人類最後の町の未来はいかに?『パインズ』『ウェイワード』に続く三部作の完結篇!(本書あらすじより)

というわけで、あらすじからして既に『パインズ』最大のオチどころか、『ウェイワード』衝撃のラストまで語っているわけです。大変危険です。というかタイトルすら既にネタバレです。書店でうっかりこれを手に取っちゃう人がいたらどうするんだろう。
で、最初に『ウェイワード』未読の人は以下読まないでねって書きましたけど、そもそも『ウェイワード』読んだ人は『ラスト・タウン』の内容が気になってしょうがないはずなんですよ。だからいくらここで自分が『ラスト・タウン』をこきおろそうがたぶん読むので、誰のための感想なんだって感じですが、まぁあくまで自分向けなので。

さて、今までのこのシリーズを総括するならば、『パインズ』は魅力的な謎とどんでん返しがやばいド級のエンタメ小説でした。『ウェイワード』は設定がまぁまぁ読ませる一方で最後が噴飯もののシリーズのつなぎ作品でしたそして3部作の最後は……なんと、チープさ200%増しでの化け物による殺戮祭り(だけ)なのでした。え、えーー。もっと頑張ってよクラウチさん。でもラストだけまた上手いオチが用意されているので、なんかもうあれですね、どうしようもない。

とにかく、前作のラストでモンスター祭りが始まりかけ、さぁどうなると思ったらマジで7割まではただの虐殺祭りです。そしてどう収束するのかと思ったら、結局これしかないようねという方法で楽々と説得が進み、なんとか片が付きます。ってこれでいいんかーい。
前作での胡散臭い登場人物(パムとかピルチャーとか外をうろついていたやたらと思わせぶりな情報を持っていそうな人とか)はみんな安易に処理されます。もうほんと行きあったりばったりのストーリーで、まったく練りこみがありません。特にパム。お前わざわざ生存ルート選んでおいてなんでそうなるのだ……。あともう言っちゃいますけど、世界の探索に出かけ、帰ってきたあのお方(『ウェイワード』の地味な衝撃)ですが、何の情報ももたらしません。世界はもう滅んでいるからもうダメだ、だそうです。あ、うん……まぁそうだよね……。それから作中でアビーを手なずけたっぽいおばあさんがいましたけど、え、あれ何の意味もなかったの?

そして、なるほど、このラストの解決方法は確かに偉いです。エピローグのあれも結構飛んでて笑っちゃいました。ブレイク・クラウチさん、一発ネタだけは頑張れるのね。プロットはダメだけど。でも結局全部ぶん投げただけとも言えるわけで……せめてさぁ、三部作なんだからもちょっと考えてよ……主人公これじゃただのバカみたいじゃん……バカだけど……。

結局3部作とはいえ『パインズ』大人気を受けて書かれた『ウェイワード』『ラスト・タウン』ということですし(バック・トゥ・ザ・フューチャーと同じ方式)、おまけに徐々に面白さが下降していくので、読むのは『パインズ』だけでいいのでは、っていう結論になりましたつらい。個人的には最初が星5、次が星4、最後が星3ってとこです。全作品めちゃくちゃ読みやすいのが救いといえば救い。

書 名:ラスト・タウン(2014)
著 者:ブレイク・クラウチ
訳 者:東野さやか
出版社:早川書房
     ハヤカワ文庫NV 1354
出版年:2015.08.15 1刷

評価★★★☆☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1171-e47508fa