薔薇の輪
『薔薇の輪』クリスチアナ・ブランド(創元推理文庫)

ロンドンの女優エステラ。その絶大な人気は、体が不自由でウェールズに住んでいるという娘との交流を綴った新聞の連載エッセイに支えられていた。エステラの未来は順風満帆に思われた。服役中の危険人物の夫が、病気のため特赦で出所し、死ぬまえに娘に会いたいと言い出すまでは……。勃発した怪事件に挑むのは、警部チャッキー。巨匠の技巧が冴える、本邦初訳の傑作ミステリ!(本書あらすじより)

巨匠、クリスチアナ・ブランドの未訳作がなんとまだあったんですねー。というわけで、『猫とねずみ』と本書にのみ登場するチャッキー警部シリーズが今年出ました。めでたいめでたい。ちなみに『猫とねずみ』の方が先ですが、読んでおく必要などは全くありません。というか読んでなくても大丈夫でした。
いまさら翻訳される作品が傑作なわけがないとか、代表作と比べるとちょっと……みたいなマイナス評価ばっかり聞いていたのでかなり身構えていたのですが。いやいや普通に面白いじゃないですか。トリックがどうこうというより、嘘をつく人間心理をじっくりと描いた点でかなり読ませられます。個人的にブランドは、ミステリの筋やトリックどうこうよりも、それを支える物語や悲喜劇で楽しめる作品の方が好きなようです。

物語は、大人気女優エステラを中心として展開されます。
障害を抱えたエステラの娘「スウィートハート」は、彼女の様子をつづった新聞連載によって英国中で人気を博しています。しかし実際は彼女は愛らしいどころではなく、彼女にまつわるほほえましいエピソードは全て関係者が作り上げたフィクションだったのです……という悪意の連鎖しか生まなそうな設定がまずいいです。この秘密を知る人間が複数おり、彼らが後々容疑者となっていくわけですが、特に、関係者でありながら部外者でもあるという新聞記者の存在が上手いですね。
秘密を守るべく全員が保身を図るなか、スウィートハートに無理やり会いたがったエステラの出所した旦那(登場人物中一番のクソ野郎)が殺されてしまいます。そのシチュエーションが不可能趣味がやや散りばめられた絶妙なもので、すごく魅力的。チャッキー警部は尋問を繰り返し、関係者が作り上げたフィクションをひとつずつ解き明かしていくことになります。
トリックもあるにはありますが、気付いてしまう読者もいるかもしれません。ちょっと小粒でここだけ見ても面白くないかも。ただ、チャッキー警部の追い詰め方、真相の明かし方の演出がうまくて、妙に印象に残る話になっています。いいなぁブランド。性格悪そうだ。

というわけで、確かにブランドと言えばな自白合戦も登場人物の罵り合いもないのですが、この異様な人間関係が物語をどんどん動かしていくので面白いんです。状況説明、クソ野郎の登場と死、行方不明となったスウィートハートの捜索、チャッキー警部vs容疑者軍団、と次々に話を展開していき、比較的短い分量の中でミステリを盛り上げてくれます。70歳のおばあちゃんにもなってこういうかっちりした話を作ってくれるブランドはやっぱりいいですねー。クラシックミステリ好きは、まぁブランドですからね、要チェックでしょう(しかしブランドをクラシック作家とすることに異論はないと思うんですけど、1977年の作品が果たしてクラシックか?と聞かれると難しいですね)。
ちなみに個人的な今まで読んだ中のランキングでは、『領主館の花嫁たち』を除くと、『緑は危険』>『自宅にて急逝』>『ジェゼベルの死』=『薔薇の輪』です。まだまだ未読が多いです。しかしだいたい自分の好みが分かりますね、こう並べると。

書 名:薔薇の輪(1970)
著 者:クリスチアナ・ブランド
訳 者:猪俣美江子
出版社:東京創元社
     創元推理文庫 Mフ-8-3
出版年:2015.06.30 初版

評価★★★★☆
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://yossiworld.blog72.fc2.com/tb.php/1169-fcdfe935